SeihoやLicaxxx、okadadaなど近年のクラブシーンで新しい音楽を追求する次世代が集結するパーティ<track maker>の第4弾が7月15日(金)東京・渋谷のVisionで開催される。そのスペシャルライブとして日本を代表する電子音楽家・渋谷慶一郎がコンピュータを一切使わない、TR-808のみによるライブ・パフォーマンス、フロアセットを行うことが発表された。

TR-808は言わずとしれたアナログ・ドラムマシーンの名機。1980年にローランドから発売されるとすぐにYMOやアフリカ・バンバータ、1990年代になってからもSoul2Soulなどが使用し現在もダブステップ、Trap、EDMなどジャンルを問わず人気を誇っている。

beat:repeat NYC | Afrika Bambaataa – Looking for the Perfect Beat

以前からTR-808を使用していた渋谷慶一郎だが、近年ではパリのファッションブランド・PigalleのプレゼンテーションをピアノとTR-808のみで行うなどライブ・パフォーマンスでの使用が顕著に見られていた。
そうした中で今回はTR-808のリアルタイム・プログラミングのみで完全フロア対応の1時間のセットを披露することとなり、言わばドラムの音だけで踊る刺激的なパフォーマンスとなるだろう。

他出演者もAvec Avec、okadada、Pa’s Lam System、PARKGOLFといった注目の次世代クリエイターたちが集結、それぞれの個性と創造性が交錯しフロアのヴォルテージは一夜を通じて上昇し続けるだろう。

渋谷慶一郎、TR-808のみでライブパフォーマンス初披露!Seiho、Licaxxxら出演 track maker第4弾 music160727_tm_2

Licaxxx

多彩なジャンルをまたがる才能たちの刺激的競演を通じて音楽シーンの未来を感じてほしい。

EVENT INFORMATION

track maker

2016.07.15(金)
OPEN 22:00
SOUND MUSEUM VISION
DOOR ¥3,500/ADV ¥2,800
Special Live Performance:Keiichiro Shibuya(ATAK) No Computer,TR-808 Set
ACT:Seiho、OKADADA、AVEC AVEC 、Pa’s Lam System、PARKGOLF 、Licaxxx

詳細はこちら

edit by Qetic

Published on