KEYWORD : SHINTARO

MUSIC

【フォトレポ】RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018|「Plug」by YENTOWN

2018年9月22日(土)から10月12日(金)までの約1ヶ月間にわたって開催されたレッドブルによる都市型音楽フェス<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018>。24時間音楽が鳴り響き続けたり、変化球がバシバシ決まるインタビューなど、とにかく暴れまくりの本イベントで中心的な役割を果たしたYENTOWNによる写真が到着。

8
MUSIC

【フォトレポ】RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018|「Plug」by TREKKIE TRAX

2018年9月22日(土)から10月12日(金)までの約1ヶ月間にわたって開催されたレッドブルによる都市型音楽フェス<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018>。 その一環で開催された<plu […]

17
MUSIC

SHINTARO&MARZYによる“お祭り”がついに今週末開催|24時間ぶっ続け!ライブ配信イベントのタイムテーブル公開

9月22日(土)から10月12日(金)まで開催中のレッドブルによる都市型音楽フェス<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018>。その一環で開催される<plug(24 Hours)>のタイムテーブル&追加アーティストが発表された。YENTOWN、Dosing、TREKKIE TRAX、BCDMG、PROPERPEDIGREE、tokyovitaminらが登場。

6
INTERVIEW

インタビュー | トラックメーカー・KMが『FORTUNE GRAND』で表現する、ユース世代のUS感と日本語ラップのその先

kiLLa、BAD HOP、KANDY TOWN、SKY-HIなどへの楽曲提供やRemixワークに加え、AbemaTVのオーディション番組「ラップスタア誕生」でトラックを手掛けているKMが最新アルバム『Fortune Grand』をリリース。国産HIPHOPの新機軸を提示するかのようなこのアルバムについて、総合プロデュースのKM、MCであるKLOOZ、そしてアートワーク&MVディレクターのSHINTARO KUROKAWAへインタビューを行った。

45
MUSIC

KMが田我流を客演に迎えた新曲「夜のパパ」を本日より配信リリース|1stアルバムは9月19日発売!

いよいよファースト・アルバム『FORTUNE GRAND』 のリリースを9月19日(水)に控えているプロデューサーKMの新曲で、4作目の先行シングルとなる楽曲“夜のパパ”が本日配信リリースとなった。客演は田我流。

9
MUSIC

日本の音楽シーンを牽引するmabanua(Ovall)とハマ・オカモト(OKAMOTO’S)が語る「リズム隊」の魅力

これまで藤原さくらやさかいゆう、SKY-HIら数多くのアーティストのプロデュースを手掛け、ソロ名義で通算3枚目となるアルバム『Blurred』を2018年8月29日(水)にリリースするmabanuaと昨年8月に通算7枚目のアルバム『NO MORE MUSIC』をリリースしたOKAMOTO’Sのベーシスト、ハマ・オカモト。先日、森山直太朗のレコーディングで初対面したという2人にお互いの印象やお互いの共通点、「リズム隊」の魅力を語っていただいた。

91
MUSIC

BESが最新EPより仙人掌が客演した「What’s Up」のMVを公開。監督は國枝真太朗

不世出の天才ラッパー・BES(SCARS / SWANKY SWIPE)、ISSUGI(MONJU / DOWN NORTH CAMP)との名作ジョイントアルバム『VIRIDIAN SHOOT」』を経て、リリースされたソロ名義での新作EP『CONVECTION』。この度、仙人掌が客演、トラックはhokutoが手掛ける収録曲“What’s Up”のMVが公開された。監督はPitch Odd Mansion主宰の映像プロデューサー・國枝真太朗。

8
MUSIC

kiLLa、BAD HOP、KANDYTOWNら手がけるプロデューサーKMが1stアルバムをリリース

kiLLa、BAD HOP、KANDYTOWN、SKY-HIからECDまで幅広いアーティストへの楽曲・Remix提供を行い国内シーンで注目を集めるプロデューサーKMの本人名義での1stアルバム『FORTUNE GRAND』のリリースが9月19日(水)に決定した。

36
MUSIC

9月から1ヶ月に渡り「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」が開催|山手線の車内が走るライブハウスに?

9月22日(土)〜10月12日(金)までレッドブルによる都市型音楽フェス<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018>が開催。東京の街全体を舞台にした音楽イベントの数々が、約1ヶ月間にわたって繰り広げられる。今回、計11個のユニークな音楽イベントの内容があきらかに。

35
MUSIC

VISIONで7月6日に開催の<ROYALTY>にLAを拠点に活動する韓国系アメリカ人の女性ビートメイカーTOKiMONSTAが出演!

LAを拠点に活動する世界最先端の女性ビートメイカー、TOKiMONSTA(トキモンスタ)がVISIONで開催される<ROYALTY>に出演!時には激しく重厚なBASSサウンドから、繊細かつ美しいR&Bまで様々な音楽性に富んだ彼女の才能はLA Weeklyで「ロサンゼルス・ナンバー1フィメールDJ」に選ばれ、Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)とのコラボ、Skrillex(スクリレックス)・Diplo(ディプロ)と共にツアーをするほか、<Coachella>など世界中のビッグフェスにも出演するなど多方面から絶大な支持を受けている。

15
MUSIC

NF Zesshoが新たにMVを公開!楽曲はRAITAMENが客演&Sweet Williamプロデュース、ビデオはShintaro Kunieda監督

福岡を拠点に活動するMC/ビートメイカーNF Zessho(エヌエフゼッショー)の新曲”Blono’s Way[Another]feat.RAITAMEN”のMVが公開。本楽曲は4月25日リリースのアルバム『CURE』の収録曲であり唾奇、Sweet William等が所属するPitch Odd Mansion(以下、POM)のメンバーRAITAMENを客演に迎えている。楽曲プロデュースは同じくPOM所属のSweet Williamが担当。MVはKunieda Shintaro(POM)が監修している。

8
INTERVIEW

【インタビュー】福岡在住のラッパー・NF Zesshoが、3rdアルバム『CURE』で仲間たちと表現する“少しだけ救われた”今の音と言葉。

3rdアルバム『CURE』を4月25日に〈Manhattan Records〉からリリースした福岡市在住のラッパー兼ビートメーカーのNF Zesshoと、本作でエグゼクティブ・プロデューサーを務めたPitch Odd Mansion のKunieda Shintaro、そしてビートメーカーのYOSHINUMAが参加したインタビュー。

89
MUSIC

PKCZ®+SECRET GUESTS、YASUTAKA NAKATA、SHINTARO他<EDC Japan 2018>第2弾ラインナップ発表!

マーティン・ギャリックス(Martin Garrix)、スティーヴ・アオキ(Steve Aoki)、Deadmau5、ディプロ(Diplo)らが出演する<EDC Japan 2018>の第2弾出演アーティストラインナップが発表!Day 1(5月12日)には、PKCZ®+SECRET GUESTS、SECRET GUESTS、ELLI ARAKAWA、DJ JUNIOR、DJ L他、Day2(5月13日)には、YASUTAKA NAKATA、SHINTARO、CARTAなど7組の豪華アーティストが登場予定。

8
MUSIC

福岡を拠点に活動する注目のMC/ビートメイカーNF Zesshoが新作『Cure』より新曲のMVを公開

福岡を拠点に活動するMC/ビートメイカー・NF Zessho(エヌエフゼッショー)の新曲Jenny Gump[Another] feat.サトウユウヤのMVが公開された。唾奇やSweet William等が所属する〈Pitch Odd Mansion〉を主宰し彼らのMVを多く手掛けてきた映像ディレクターKunieda Shintaroが監修している。

13
MUSIC

<RED BULL 3STYLE>、ジャパン・ファイナリストの熱いDJバトルが繰り広げられる!世界No.1 DJ候補は誰に!?

No.1のDJを決める世界大会<Red Bull 3Style>(レッドブル・スリースタイル)の決勝を目指してジャパン・ファイナリストたち6名の熱いDJバトルが10月13日(金)札幌 KING XMHUで繰り広げられます。2017年のジャパン・ファイナリストに選抜されたのはDJ SHOTA、DJ MoB、DJ A2C、RINA、 DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST、DJ KAZUYAの6名。上記のうち、たった1人だけがポーランド・クラクフで20ヶ国以上のチャンピオンたちに挑戦する権利を獲得します。

2
MUSIC

日本一DJを決定!世界が注目する死闘のRed Bull大会

ターンテーブリストの高度なスキルに加えて、卓越した選曲センスと創造性、さらには観客をアゲるパフォーマンスや現場へのアジャスト能力など、ダンスフロアを司るあらゆる才能が総合的に問われるDJコンペティション<Red Bull Thre3Style>(レッドブル・スリースタイル)。

6
FILM

今、HIPHOP映画『ワイルド・スタイル』を観るべき3つのワケ

[WILD STYLE]特集:まだ“ヒップホップ”というカルチャーの存在が世に知られる前に製作、そして上映されたこの作品の価値及び与えた影響の大きさは計り知れない。このコラムでは、その“価値”と“影響”を「今ワイルド・スタイルを観るべき3つのワケ」として紐解きます。

31