•        
plan01_recruit_20170927b

AppleがGoogleの元AI(人工知能)の責任者John Giannandreaを採用したと『The New York Times』が報じています。ティム・クックCEOの直属となり機械学習、AI戦略のトップに就任。

AppleGoogleの元AI(人工知能)の責任者John Giannandreaを採用したと『The New York Times』が報じています。ティム・クックCEOの直属となり機械学習、AI戦略のトップに就任するようです。

機械学習のエキスパートがGoogleからAppleに!

John Giannandreaは機械学習(machine learning)の専門家で2010年にGoogleに入社。コンピュータビジョン(computer vision)、自然言語処理(natural language processing)など急速に発展するAIの技術に対応。競合他社に対抗するためにAppleが採用したようです。

、Amazon、Appleらによる競争が激化

、Amazonなどの大手各社は社内にAI部門を設け多くの社員を雇用。開発に力をいれています。

スマートスピーカー(AIスピーカー)市場を見てもGoogle「Google Home」、Amazon「Amazon Echo(Alexa)」、「HomePod(Siri)」など世界有数の企業がしのぎを削る状況にあり、各社がデバイスに合わせた独自のサービスを開発・展開。

音楽ストリーミングサービスにおいてもGoogle「Google Play Music」 、Amazon「」、」とそれぞれのサービスを展開しています。

各社の主戦場のひとつAI開発において、John Giannandreaの移籍がどのような影響をもたらすのか、今後のSiriのアップデートが行われるのかに注目です。

▼RELATED
Amazon vs. Google!?「Amazon Fire TV」「Amazon Echo Show」でYouTubeが利用できなくなる?

plan02_recruit_20170927b
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数