•        
plan01_recruit_20170927

AppleがiPhone、iPadで採用しているLightningポートを廃止し、USB-Cポートに切り替えるかもしれません。『Digitimes』にが入手したアナログ半導体メーカーの情報によると、2019年にiPhone、iPadの充電器周りのアップデートが行われ、USB-Cが採用されるようです。

AppleiPhoneiPadで採用しているLightningポートを廃止し、USB-Cポートに切り替えるかもしれません。

2019年にはiPhoneでUSB-Cが採用?

Digitimes』にが入手したアナログ半導体メーカーの情報によると、2019年にiPhone、iPadの充電器周りのアップデートが行われUSB-Cが採用されるようです。

Appleは2015年に発売したMacBookで初めてUSB-Cを採用、それ以降MacBook Pro、、iMacなどでも続々とUSB-Cを採用しています。

AppleがLightningをアップデートした新たな規格を開発する可能性もありますが、iPhoneにUSB-Cが採用されれば、一気にUSB-Cが普及することが考えられます。

MacBookなどのPC製品とiPhoneなどのモバイル製品で同じケーブルを利用することができるようになればユーザーの利便性は向上するのではないでしょうか?

USB-C とは?
USB-C は、コンピュータのポートと、そのポートに差し込めるコネクタの形状とスタイルについて規定しています。USB-C のポートとコネクタを通じて、各種のデータ転送規格 (USB 3、Thunderbolt 3 など) に準じたデータ転送が可能です。コンピュータの AC 電源アダプタも、互換性のある USB-C 充電ケーブルを使えば USB-C ポートに接続できます。USB-C は裏表のないリバーシブル仕様なので、コネクタを差し込むときに、どちら側を上にするか心配する必要がありません。

引用元:USB-C とは?

▼RELATED
Ankerからコスパ最強のワイヤレス充電器登場!iPhone X、iPhone 8/8 Plusにもオススメ!

究極のiPhone Xが登場!?太陽光で充電できる「iPhone X Tesla」が50万円で販売!

plan02_recruit_20170927
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数