•        
plan01_recruit_20170927b

Apple Watchが心拍数の異常な上昇を感知して、人命を救うきっかけに。Apple Watchに命を救われたのはオーストラリアに住む24歳の男性アダム・ラブさんの心拍数の異常な上昇を検知して通知。病気の早期発見に繋がった。

Apple Watchが心拍数の異常な上昇を感知して、人命を救うきっかけとなりました。

これまでにも香港の76歳の男性、ガストン・ダキーノさんなど多くの命を救ってきたApple Watch。

▼RELATED
Apple Watchが命をまた救った!Apple Watchユーザーは設定の確認を!

今回Apple Watchに命を救われたのはオーストラリアに住む24歳の男性アダム・ラブさん。

『9NEWS』によるとApple Watchによる心拍数の警告により目が覚めたアダム・ラブさんがApple Watchを確認すると通常60前後の就寝時の心拍が130から140となっていたことが判明。

医師の診察と検査を受けると、心左心房に送り込まれるべき血液が右心房に送り込まれており、血液が肺の周りを循環している状態だということが発覚。

すぐに手術が行われ現在は症状が回復しているそうです。

アダム・ラブさんは「 Wtchが無い生活は考えられない。便利さと医学的な機能がが気にいって購入しましたが、命を救ってくれる可能性を秘めているとは思っても見ませんでした。」と驚きのコメントを寄せている。

Watchユーザーは設定の確認を!

特に運動をしているわけではないのに、10分間高い心拍数の状態が続いた場合にApple Watchが通知してくれるよう設定することが可能です。

心拍数通知設定方法

1.iPhoneでApple Watch Appを開きます。
2.「マイウォッチ」タブをタップし、「心拍数」をタップします。
3.「高心拍数」をタップし、BPM値を選択します。

※心拍数の通知機能は、 Series 1以降でのみ利用できます。

引用元:心拍数。その意味と Apple Watch での表示方法。|Appleサポート

Apple Watch – Apple

plan02_recruit_20170927
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数