plan01_celineH2_20181015

クリエイティブなカメラテクノロジーで世界をリードするDJIがラスベガスで開催されている<CES 2018>で手持ちスタビライザーの新製品、「OSMO MOBILE 2」を発表。

OSMO MOBILE 2

Osmo Mobile 2は、滑らかな動画と高解像度なパノラマ写真を映画のような動きで簡単に撮影できるスマートフォン用カメラスタビライザー。

業界トップクラスの3軸ジンバルテクノロジーが3方向で手ブレを補正し、振動が手に伝わる不安定な状態でも安定感のある動画撮影が可能です。

撮影中は、DJIのスムーズトラック技術がカメラに伝わる手の動きを検知、補正して、いつでも映画のように滑らかな動画を撮影できます。

軽量で折りたためる

高強度な変性ナイロン製のOsmo Mobile 2は、軽量で折りたためるので、持ち運びが容易で、長時間の撮影にも最適です。モバイルクランプを、ランドスケープ(横向き)とポートレート(縦向き)の2方向に簡単に切り替えられるので、撮りたい映像にあわせて、スクリーンフォーマットを選択できます。

ユニバーサルねじマウントで取り付け

また、Osmo Mobile 2には、使い慣れた写真撮影用アクセサリーを1/4インチのユニバーサルねじマウントで取り付けられるため、これまでに無い汎用性も実現されています。

ISO設定やシャッタースピード等の設定も可能

ISO設定やシャッタースピード等の設定を搭載し、簡単な操作で、スマートフォンでの撮影をプロ仕様カメラのように撮影できます。 新しく搭載したズームスライダーにより、ハンドル部分からスマートフォンのカメラを完璧に操作し、これまでプロの撮影現場でしか実現できなかったビジュアルエフェクトであるドリーズームも活用できます。

最大15時間のバッテリー駆動

さらに強力になった内蔵バッテリーシステムで、バッテリー稼働時間は、従来のOsmo Mobileの3倍以上となる最大15時間になりました。また、新しいUSBポートは、撮影中もスマートフォンを充電できるほか、外出先でその他の電子機器を充電するパワーバンクとしても機能します。

DJIのモバイルアプリ「DJI GO」

また、DJIのモバイルアプリ「DJI GO」の撮影機能を活用することで、プロレベルのコンテンツを自動作成できます。例えば、移動中の被写体を自動追尾するアクティブトラックや、カメラポジションを最大で5箇所設定できるモーションタイムラプス、ドラマチックなタイムラプス動画撮影を可能にするハイパーラプス、FacebookやYouTubeなどのSNSで配信できるライブ配信機能など、さまざまなモードが使用できます。また、パノラマや長時間露光、ライトトレイルモードなどのオプションを使用して、ユーザーはクリエイティビティを最大限に発揮できます。

DJI Osmo Mobile 2 | Operating Your Osmo Mobile 2

Osmo Mobile 2の販売価格は、16,800円(税込)で、2018年1月23日(火)より、.comでの先行予約が開始予定。

2月上旬より、DJI認定ストアで数量限定の予約販売を、2月末より、DJI公式オンラインストアにて販売予定です。

PRODUCT INFORMATION

Osmo Mobile 2

iPhone×スタビライザーで手ぶれなしのダイナミックな動画撮影を実現! technology180110_dji_2-700x700
¥16,800(tax incl.)
詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on