plan01_deeth-18AW-20181030

iOSのソースコードの一部が流出。Appleがコードが投稿されていたGitHubに削除要請を行いました。

流出したのはiOS9のソースコード

流出したのは「iBoot」と名付けられているコード。

システムの起動や、iPhoneが正規のものであるか認証することに関わるコードです。GitHubに投稿されたコードは現在削除されています。

今回の流出によりiOSの脆弱性をより簡単に発見されてしまったり、iPhoneを「脱獄(ジェイルブレイク)」させるツールの開発に利用されたりする恐れがあります。

ジョナサン・レビン「史上最大の流出」

iOSやmacOSに関する書籍を執筆している専門家ジョナサン・レビンは『Motherboard』に「史上最大の流出」だとコメントしています。

Appleはソースコードの所有者であり著作権があるからという理由でGithubに削除を要求。

今回流出したのは3年前のiOS9のソースコードですが、その一部はiOS11にも用いられている様です。

安全性に問題はない?

Appleは『TechCrunch』に製品の安全性はソースコードに依存するものではなくハードウェア、ソフトウェア面で様々な方法を用いて安全性を確保しているとコメントしています。

Apple

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on