•        
plan01_recruit_20170927b

iOS11.4にアップデートしたiPhoneのバッテリーの減りが早くなるという報告がAppleのサポートコミュニティに寄せられています。iPhone 6からiPhone Xまで様々なモデルで報告。WiFiの接続が原因か?

iOS11.4にアップデートしたiPhoneのバッテリーの減りが早くなるという報告がAppleのサポートコミュニティに寄せられています。

.4は5月にリリース、AirPlay 2、HomePodのステレオペアに対応

iPhoneやiPadなどに搭載されているOS「iOS」の最新版iOS11.4は2018年5月にリリース。

.4ではAirPlay 2、HomePodのステレオペアに対応しています。

▼RELATED
Appleが「iOS11.4」をリリース!AirPlay 2対応、HomePod2台をステレオペアリング可能に!

6からiPhone Xまでモデルに限らず一部iPhoneに不具合が発生?

バッテリーの減りが早くなるという報告は、 6からiPhone Xまで様々なモデルで報告。

日本語のAppleサポートコミュニティでも同様の症状が報告されています。

iOS11.4にアップデートを行なってから、バッテリーの減りが早くなってしまっているようです。

中には、2倍から3倍もバッテリーの減りが早くなったという報告も寄せられています。

2.4GHzのWiFiの方が、5GHzのWiFiよりもバッテリーの減少を抑えられるとの情報もフォーラムで報告されています。

iOS11.4にアップデートしてから、バッテリーの減りが早くなってしまったという方は、2.4GHzのWiFiに接続した方が良さそうです。

原因の解明、もし問題がある場合は早急なアップデートが待たれます。

iOS11.4

Appleサポートコミュニティ

plan02_recruit_20170927b
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数