Qetic Instagram 01 B

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneのCPU性能を意図的に制限していたことに対し、iPhoneユーザーが訴訟を起こしている。訴訟を起こしたiPhoneユーザーは、もしバッテリーの劣化が動作を遅くするとわかっていたら、新しいiPhoneを購入するのではなくバッテリーを交換していたと抗議している。

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneのCPU性能を意図的に制限していたことに対し、iPhoneユーザーが訴訟を起こしている。

訴訟を起こしたiPhoneユーザーは、これまでiPhoneが新しいOSへのアップデートにより動作が遅くなった場合買い換えていたと主張。

もしバッテリーの劣化が動作を遅くするとわかっていたら、新しいiPhoneを購入するのではなくバッテリーを交換していたと抗議している。

先週、Appleは『The Verge』にリチウムイオン電池が寒い場所で、バッテリー残量が低下したとき、経年劣化により十分な性能を発揮できなくなった際にデバイスが予期せずシャットダウンするのを防ぐための機能をiPhone 6、 6s、 SEに導入していることを明かしていた。

iPhone の修理 – バッテリーと電源

▼RELATED
バッテリー性能低下でiPhoneが遅くなる?Appleが事実を認める。

plan02_recruit_20170927
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数