iPhone XSは2017年に発売されたiPhone X、iPhone 8よりも好調な売れ行きのようです。

Flurry Analyticsが100万以上のアプリの利用傾向から分析した結果、発売から数週間時点でのiPhone XSの売れ行きが良いことがわかったそうです。

iPhone XS、iPhone XS Maxによる収益は、昨年のiPhone 8、iPhone 8 PlusとiPhone Xの収益を組み合わせたものより7%高いと指摘。

さらに、iPhone XSの高い販売価格にも関わらず、この勢いがクリスマス、年末商戦でも続くと予想。

アメリカ市場浸透率ではiPhone 7トップ

iPhone XSの売れ行きは好調!それでも、iPhone 7がシリーズ最高シェア technology1810105_iphone_01-1200x713
Flurry Analytics

しかしながら、市場浸透率でみると2016年に発売されたiPhone 7が15.40%とアメリカで歴代のiPhoneの中で1番のシェアを誇っています。

それに続く形で、iPhone 7 Plusの12.73%、iPhone 6Sが12.40%となっています。

iPhone XSが販売台数を伸ばしiPhone 7の市場浸透率を超えることができるのでしょうか?

iPhone XS – Apple

▼RELATED
iPhone XS Maxが予想よりも売れている!新Apple Watchは11月まで品薄状態が続く?

iPhone XS Maxの販売価格は部品原価の約3倍?ディスプレイが最も高額なパーツ

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on