plan01_recruit_20181113b

日本語ラップやヒップホップカルチャーをより身近で楽しめるコンテンツに変えるイベントカレンダー・メディアアプリ「RAPTIMES(ラップタイムズ)」のiOS版がAppStoreにて提供開始された。

「RAPTIMES」とは

日本語ラップシーンがMCバトルを中心に現在大きく盛り上がっている一方で、情報発信が個人のSNSに依存しているため大量の情報が分散してしまっている昨今。

「RAPTIMES」では、こういった情報を整理し、アーティストやファン、イベントオーガナイザーが情報を発信・取得しやすくすることを可能に!

各イベントオーガナイザーは、「RAPTIMES」のイベントカレンダーに自身の主催するイベントを掲載することで、認知・集客などのPR効果だけでなく、他のイベントとの日程調整やラッパーの出演状況、地域別の開催状況を確認することができるという。

女性ラッパーが創業

「RAPTIMES」は、2018年10月に女性ラッパーの「りるでび」こと中村めいが創業した株式会社Soiyaからリリース。自身のツイッターでも以下のように報告している。

ヘッズをはじめ、オーガナイザーやアーティストにもニーズが増えるサービスとなりそうだ。

嶋田 汐

嶋田 汐

Qetic編集部

Published on