Yellow Magic Orchestra(イエロー・マジック・オーケストラ/YMO)を撮り続けて40年――。「ファン必須アイテム」と呼ばれた伝説のYMO写真集『OMIYAGE』(1981年/小学館)の撮影を担当した巨匠・三浦憲治によるYMO写真集が発売される。

1979年ロスから始まった三浦憲治とYMOの40年。本書では、ロスアンジェルス、グリークシアター公演/マダム・ウォン公演の撮影を皮切りに、1980年ワールドツアー、1983年のジャパン・ツアー、1993年『テクノドン』東京ドーム公演、各ソロ公演、そして、2019年のYellow Magic Children公演、<NO NUKES 2019>、 <CIRCLE ’19>までを収録。 総点数200点超、うち未公開写真が100点超というファン必携の貴重な保存版となっている。

ファン必携!YMO、未公開写真100点超を含む結成40周年記念写真集の発売決定! #YMO三昧 art-culture190814-ymo-2
イベント「写楽祭」ポスターのためのフォト・セッション(1980年)
ファン必携!YMO、未公開写真100点超を含む結成40周年記念写真集の発売決定! #YMO三昧 art-culture190814-ymo-3
ロスアンジェルス、 マダム・ウォン公演(1979年)
ファン必携!YMO、未公開写真100点超を含む結成40周年記念写真集の発売決定! #YMO三昧 art-culture190814-ymo-4
ロスアンジェルス、 グリーク・シアター(1979年)。本書1枚目の写真はこれ!
ファン必携!YMO、未公開写真100点超を含む結成40周年記念写真集の発売決定! #YMO三昧 art-culture190814-ymo-5
「イエロー・マジック・チルドレン」公演のバックステージ、高橋幸宏、坂本美雨、YUTA(細野晴臣氏孫)。(2019年)

三浦憲治は次のように語る。

「オレは自分のことを記録カメラマンだと思っているから、作品を撮るというより、記録しているという意識があるんだ。だから、この40年のYMOの写真を見てみると、メンバーの写真はもちろんだけど、それ以外の、たとえば会場風景とかお客さんとか、YMOの靴だけ楽器だけっていう写真も本当に多い。とにかく数を撮って、メモがわりじゃないけど、YMOの周りの空気や時代も一緒に記録しているって感じかな」

写真集『40 ymo』ができるまで展

9月には、六本木ビリオンにて、<写真集『40 ymo』ができるまで展>が開催される。

写真集『40 ymo』ができるまでの過程をグラフィックに展示。YMOファンのみならず出版、写真集作りに興味を持つ人にもおすすめ。本書掲載写真から作った新作の“石”や関連作品、書籍の展示も。会場内では『40 ymo』、『40 ymo』グッズ販売。9月16日には著者トークショーも行われる。

INFORMATION

40ymo 1979 – 2019

ファン必携!YMO、未公開写真100点超を含む結成40周年記念写真集の発売決定! #YMO三昧 art-culture190814-ymo-1

著者:Photographer 三浦憲治
定価:(本体5,000円+税)
発売日:2019年08月26日
判型:B5変形判、 単行本(横長・左開き)
224p(4色=208p/1色=16p)
ISBN:978-4-04-108024-5
詳細はこちら

EVENT INFORMATION

写真集『40 ymo』ができるまで展

2019.09.14(土)~09.16(祝)

9月14日(土)、15日(日)12:00 ~ 20:00
9月16日(月・祝)10:00~14:00
会場:六本木ビリオン
東京都港区六本木4-4-5 メゾン六本木3F
http://billion-roppongi.com
入場料:500円

三浦憲治『40 ymo』発売記念トークショー(限定30席)
9月16日(月・祝) 15:00~17:00
料金:2000円(特製おみやげ付)
チケット:Peatixで受付中
http://ptix.at/iB5xOr

※Peatixの使用方法については上記サイトにてご確認ください。
※イベント終了後には著者によるサイン会を行います。 サインは『40 ymo』(お持ちいただくか、 会場でお求めください)にお一人さま一冊に限らせていただきます。 ご了承ください。
詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on