plan01_recruit_20181113b

FUJI ROCK FESTIVAL’18>開催間近!! 野外フェスをテーマにしたアートエキシビジョン<Festival View DEAL Exhibition>が、銀座の新たなカルチャー発信スペース「Basement GINZA」にて、7月14日(土)から24日(火)まで開催となる。

16日(月・祝)には「フジロックコンシェルジュ場外編」と題して、宇宙大使☆スターやGravityfree、長谷部敦(MC)、菊池崇(DEAL/フェスおじさん)によるトークイベントも開催される。フジロックのテントサイトエントランス近くのステージで毎夜開催されている「フジロックコンシェルジュ」の銀座バージョンとして、<フジロック>の魅力、フェスの魅力が語られる予定だ。

2018.07.14(土)~2018.07.24(火)
Festival View

フェスという場所、フェスという時間がもたらしてくれるものとは何なのか。日常と違う空間に身を置くことで感じられる「感動」や「喜び」、そして「感謝」。それぞれの人が、さまざまな感情を抱く。フェスでひとりひとりが何を感じ、何を受け取り、写真やアートとしてそれをどう切り取っていったのか。フェスがもたらしてくれるそれぞれの物語。

宇宙大使☆スター

フジロックフェスティバル、朝霧ジャム、ロッキンジャパン、ライジングサンなど日本各地のフェスティバルでオフィシャルカメラマンを務め、オーディエンスをモチーフにした作品が特徴である。その一方、写真は生活を豊かにする、そんな想いで、自らも世界中を飛び回り、その日その場所でしか起こりえない情景、出会いを感じながら、あらゆるシーンでシャッターを切り続けている。

Gravityfree

2人から成る絵画作家。個人ではなく、共鳴し合う複数単位での思想を軸に、”Gravityfree”というひとつの作品を作り出す。絵画制作を中心に国内外の様々なシーンでのライブペイントショーや壁画制作など、東京を拠点に2001年より創作活動を続けている。

林 大輔

グレイトフルな音楽に取り憑かれアメリカ通いも早20年。ジャムバンド・シーンを追いかけてさまざまなフェスやショウを撮影。旅、音、自然をテーマに震える瞬間を九山八海這いずり回って探求中。

DEALとは?

60年代に起こったカウンターカルチャーをバックボーンに、今の時代、そしてこれからの時代につながる、フェス、エコロジー、オーガニックといったカルチャーを発信するフリーペーパー。2016年12月に創刊し、春夏秋に刊行。「夏」「フェス」「ジャム」「旅」などをテーマにした夏号(6号)は7月12日に発行予定。

http://www.dealmagazine.net/

EVENT INFORMATION

Festival View
DEAL Exhibition

フジロック開催間近!野外フェスをテーマにしたアートエキシビジョン「Festival View DEAL Exhibition」が銀座で開催 art_culture180711_dealmagazine_-1200x846

2018.07.14(土)〜07.24(火) 
11:00〜20:00
Basement GINZA(〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目3−5 Ploom Shop 銀座店 B1F )
宇宙大使☆スター、林大輔、Gravityfree

オープニングレセプション
2018.07.13(金)
18:30〜21:00

トークイベント「フジロックコンシェルジュ場外編」
2018.07.16(月・祝)
17:00〜  

協力:コールマン、コロンビア、 KEEN、Spoonful、フジロック、コロナ、日本ミュージックフェスティバル協会

詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on