plan01_recruit_20181113a

2008年に創業されたクラウドファンディングページ「GoFundMe」がR・ケリー(R. Kelly)への支援プロジェクトをシャットダウンした。

R・ケリーへの支援キャンペーンは彼のファンたちが開始したもので、R・ケリーの法的防御をサポートするためのもの。GoFundMeはそれらのキャンペーンを取り下げたことについて「キャンペーンがサイトの利用規約に違反しており、規約は凶悪犯罪の法制防御をサポートすることを禁止している」とコメント

保釈金をファンが支払う事態に

R・ケリーは先週、4人への性的虐待による10件の重罪で告訴され、その容疑で逮捕されている。検察官によると、事件は1998年から2010年の間に起こった出来事で、事件発生時に被害者の3人は17歳未満であった。

そして25日にファンから10万ドルが支払われR・ケリーが保釈に。そのファンはR・ケリーが5ヶ月前に出会った人物で、現在身元が判明している。被告側弁護士によると、R・ケリーは#MuteRkellyなどの影響で収入がなく、金銭的に不安定の状態だという。

長年に渡って性非行が訴えられてきたR・ケリーだが、その問題が大々的に取り上げられるようになったのは今年1月に彼への告発についてのドキュメンタリー・シリーズ『Surviving R. Kelly』が公開されたからのこと。3月22日には裁判が行われる予定だ。

クラウドファンディング「GoFundMe」がR・ケリーへの支援キャンペーンを閉鎖する gofundme-rkelly-190228-1200x877
Photo by rawpixel on Unsplash

GoFundMe

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on