plan01_recruit_20181113b

ダンス×現代音楽×映像で「音の視覚化」を追求する舞台公演<ON-MYAKU 2016―see/do/be tone―>が1月30日(土)・31日(日)に世界初演を迎える。

振付家・コンテンポラリーダンサーの白井剛、現代音楽をはじめ多彩なジャンルで活躍するピアニスト中川賢一、ビジュアルアーティスト・プログラマーの堀井哲史(ライゾマティクス)と、各分野一流のアーティストが参加。

ダンス×現代音楽×映像。「音の視覚化」を追求する舞台 img_88465_2

白井剛

ダンス×現代音楽×映像。「音の視覚化」を追求する舞台 img_88465_3

中川賢一

ダンス×現代音楽×映像。「音の視覚化」を追求する舞台 img_88465_4

堀井哲史

先進的なメディアアート作品で大きな注目を集め、様々なライブでも活躍する「ライゾマティクス」の気鋭ディレクター堀井哲史が、白井剛のダンスと中川賢一が奏でる現代音楽をリアルタイムで測定し、映像を生成。楽曲ごとに様々な映像を舞台や壁面に投影する。音と光の脈が重なるとき、そこにどんな響きが現れるか。最先端のテクノロジーを駆使した新しい舞台となる。

ダンス×現代音楽×映像。「音の視覚化」を追求する舞台 img_88465_5

EVENT INFORMATION

ON-MYAKU 2016―see/do/be tone―

2016.01.30(土)START 19:00
2016.01.31(日)START 15:00
東京文化会館 小ホール(JR上野駅公園口前)
S席4,500円/A席3,500円

※30日の終演後、アーティストによるアフタートークを行います。

詳細はこちら

オフィシャルサイト Twitter

edit by Qetic

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Published on

Last modified on