plan01_recruit_20181113b

『成りあがり』、『アー・ユー・ハッピー?』に続く、矢沢永吉、最後の写真集『俺 矢沢永吉』が4月15日に発売決定。

約半世紀に渡って、日本のロックシーンの頂点に君臨し続けてきた矢沢永吉。本書は、ソロ活動を始めた1975年から2019年の45年間における矢沢永吉の時代時代の肖像を集めたもので、ライブシーンでの矢沢永吉はもとより、オフショット、さらには当時の各雑誌にて撮り下ろしたカットも多数掲載。

また、写真のみならず、当時の雑誌で語ったインタビューも掲載となるようだ。本書の予約が本日2月26日よりスタート。通常版はソフトカバー。ファンクラブ限定版はハードカバーとなっている。

矢沢永吉、最後の写真集『俺 矢沢永吉』が4月に発売決定 art-culture190226-yazawa-2-1200x1708
『俺 矢沢永吉』(ぴあ)ファンクラブ限定版 7,000円(消費税別/ハードカバー)

『俺 矢沢永吉』 紹介

「矢沢は星になれ」って、神様が命令したんだよ。

ほぼ半世紀に渡って、日本のロックシーンの頂点に君臨し続けてきた矢沢永吉。
その音楽活動における軌跡は、もはや言うまでもないが、
彼はなぜ時代から求められ続けるのか。

1978年『成りあがり』、2001年『アー・ユー・ハッピー?』がそれである。
自叙伝である両著は、発売と同時に話題を呼び
瞬く間にベストセラーに、そして両著とも今日までロングセラーを続け
『成りあがり』は累計約200万部、『アー・ユー・ハッピー?』約100万部という
驚異的なセールスを記録している。がしかし、それが彼の全てではない。

2019年春――
『成りあがり』、『アー・ユー・ハッピー?』に続く一冊、
『俺 矢沢永吉』が発売される。
本書は、ソロ活動を始めた1975年から2019年の45年間における
矢沢永吉の時代時代の肖像を集めたものである。

ライブシーンでの矢沢永吉はもとより、オフショット、さらには当時の各雑誌にて
撮り下ろしたカットも多数掲載。
また、写真のみならず、当時の雑誌で語ったインタビューも掲載する。

本書に収められた時代時代における矢沢永吉の姿を通して、
矢沢永吉という希代のロックスターの知られざる素顔
――もがき、怒り、苦しみ、喜び、孤独――
が強く感じ取れるはずだ。

INFORMATION

「俺 矢沢永吉」

矢沢永吉、最後の写真集『俺 矢沢永吉』が4月に発売決定 art-culture190226-yazawa-1-1200x1697
『俺 矢沢永吉』(ぴあ)通常版 5,000円(消費税別/ソフトカバー)

著者:矢沢永吉
発売日:2019年4月15日発売 ※変更の可能性があります。
体裁:A4判オールカラー 204P(仮)

通常版:5,000円(消費税別/ソフトカバー)
ファンクラブ限定版:7,000円(消費税別/ハードカバー)

ご予約
ファンクラブ限定版 『俺 矢沢永吉』特設サイト通常版 Amazon

詳細はこちら

『俺 矢沢永吉』特設サイト 

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on