2016年からスタートし今回で3回目となる<爆音映画祭 特集タイ|イサーン VOL.3>が2019年1月25日(金)~27日(日)に東京都写真美術館ホールにて開催される。それに先駆けて、1月12日(土)に、アンカナーン・クンチャイをはじめとする様々なアーティストをタイから招聘してのライブイベントが渋谷WWW Xにて開催となる。

爆音映画祭 特集タイ|イサーン VOL.3

今回の<爆音映画祭 特集タイ|イサーン VOL.3>では、富田克也監督『バンコクナイツ』(2016)にも登場し、鮮烈なモーラム歌唱を観るものに強く印象付けたアンカナーン・クンチャイが、愛弟子プロイ・クンチャイ、そしてタイ若手ナンバーワンのケーン奏者ポンサポーン・ウパニと共に来日。

加えて、タイのヒップホップ・シーンを牽引する大物ラッパーJUU & G.JEEも加わり、名付けて「アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンド」という特別編成でライブを行う。貴重な正統派モーラムはもちろん、ヒップホップと融合した新しいモーラムのスタイルも聴くことができる貴重な機会となります。

「爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3」 〜アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンド LIVE!〜

日本から井手健介と母船、1stアルバム『Samurai Mekong Activity』も好評発売中、日本唯一のピンプラユックバンドMONAURAL MINI PLUGも参戦。

更にはタイ・東南アジア音楽の伝道師としての活躍も目覚ましいstillichimiyaのYoung-G、MMM、そして言わずと知れたSoi48もDJとしてフロアを盛り上げる。タイでも観ることの出来ない一夜限りのライブを是非お見逃しなく!

井手健介と母船 – 青い山賊

There’s a Riot Goin’ On

2018年夏のクン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンドから約半年。3回目となる爆音映画祭のタイ|イサーン特集のライヴでは、再びアンカナーン・クンチャイさんを招聘する。『バンコクナイツ』でも観ることのできた彼女の姿はあまりに凛々しくて、われわれを一気に時間の果てへと連れ去る一直線の視線とともにあったと思う。われわれは今どこにいるのか、という問いが生まれる。この日本、この東京。あまりにばかげていて冗談ではないかと思うものの冗談ではないこの日本で生きるしかないわれわれの身体がかけがえのないこのひとつでしかない悲しみが、彼女の歌声とともに湧き上がる。その悲しみとともに怒りばかりが身体を責め立てるのだが、急がば回れ。彼女の歌声とともにこの東京からイサーンを経て世界の果てへと心と身体をゆっくりと広げてみる。いくつもの映像がわれわれの身体を貫き通すだろう。

そして今回の上映はイサーンだけではないタイの各地、あるいは国境を越えてカンボジアへと広がる作品をラインナップした。その風景と歴史の中で、われわれは生きる。いつの日かこの東京のゆがんだ風景も、それらの中にゆっくりと飲み込まれていくだろう。笑えない冗談には、そんな果てしない未来からのほほえみを返すことにしよう。われわれは今、そんな微笑みの中にいるのだ。There’s a Riot Goin’ On

樋口泰人(boid主宰/爆音上映&爆音映画祭プロデューサー)

アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンド結成理由

タイ語で「パッタナー」という言葉がある。発展、開発するという意味でタイ音楽のアーティストやプロデューサーはよくこの言葉を使う。アンカナーン・クンチャイ、チャウィーワン・ダムヌーン、ダオ・バンドンなど数多くのイサーン歌手の作詞・作曲を手掛けた伝説のプロデューサー、スリン・パクシリは「ルークトゥンやモーラムも伝統を守ってばかりではいけない。常に新しい音楽を取り入れて発展させないと大衆の心は掴めないし、音楽は廃れてしまう」という。この言葉こそタイ音楽がラテン、ロック、ディスコからヒップホップまでに取り入れ、現在でもルークトゥンやモーラムを聞く文化が根付いている理由である。アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンドでは貴重な正統派モーラムはもちろん、新しいモーラムのスタイルにもチャレンジしてもらう予定だ。「パッタナー」をするから音楽は常に面白く、廃れない。そのタイ音楽の肝を1月12日、WWWXで体感してもらいたい。

Soi48(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)

EVENT INFORMATION

「爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3」
〜アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンド LIVE!〜

タイを全身全霊で味わえ!「爆音映画祭 特集タイ|イサーン VOL.3」が2019年1月に開催 bakuonthai2019-1200x1695

<日時> 
2019年1月12日(土) 16:30 OPEN&START

<出演>
アンカナーン・クンチャイ・パッタナー・バンド(アンカナーン・クンチャイ、プロイ・クンチャイ、ポンサポーン・ウパニ、JUU & G. JEE)、井手健介と母船、MONAURAL MINI PLUG
DJ:Young G、MMM、Soi48 / FOOD:36 chambers of spice、piwang

<料金>
前売4500円/当日5500円(ドリンク代別 500円)

<会場>
WWW X
主催:boid、空族、Soi48/協力:WWWX/助成:国際交流基金アジアセンター

<前売券>
イープラスにて発売中!
http://eplus.jp/bakuonthai2019pre-0112/

※出演者については、必ず公式サイトをご確認の上お申し込みください。なお、やむを得ない状況により出演者が変更となる可能性がございますことをご了承くださいませ。
※ドリンク代別/各整理番号順にご入場いただきます。

詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on