Qetic Instagram 01 B

正体不明のカリスマグラフィティアーティスト・バンクシーと、彼の絵がもたらす影響力に迫るドキュメンタリー『The Man Who Stole Banksy』が『バンクシーを盗んだ男』(配給:シンカ)の邦題にて8月4日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開が決定! ナレーションはアメリカ・ロック界の生ける伝説イギー・ポップが担当。

正体不明のカリスマグラフィティアーティスト・バンクシーと、彼の絵がもたらす影響力に迫るドキュメンタリー『The Man Who Stole Banksy』が『バンクシーを盗んだ男』(配給:シンカ)の邦題にて8月4日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開が決定!

また、ナレーションはアメリカ・ロック界の生ける伝説イギー・ポップが担当。話題の一作です。

『バンクシーを盗んだ男』

紛争地区に指定されているパレスチナ・ヨルダン西岸地区にあるベツレヘム。そこにはパレスチナとイスラエルを分断する高さ8メートル、全長450キロを超える巨大な壁が存在する。そのパレスチナ側の壁の一部に「ロバと兵士」の絵が描かれた。描いたのは正体不明のカリスマグラフィティアーティスト・バンクシー。

この絵がパレスチナで反感を呼び、怒った地元住民が壁面を切り取ってオークションへとかけてしまう事態に。

『バンクシーを盗んだ男』はバンクシーという人物、そして数千万円~1億円という超高額で取引される彼のアートが紛争地区をはじめ世界の人々にもたらす影響に追ったドキュメンタリー作品。

Banksy’s Murals Left Trail Of Conflict In Palestine

バンクシーを盗んだ男

8月4日(土)新宿シネマカリテ、
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ドキュメンタリー映画『バンクシーを盗んだ男』邦題・公開決定!ナレーションはイギ―・ポップ! fil180412man-who-stole-banksy-1-1200x1697
監督:マルコ・プロゼルピオ
ナレーション:イギ―・ポップ
配給:シンカ
宣伝:スキップ
公式サイト:banksy-movie.jp
2017年/イギリス・イタリア/カラー/デジタル/英語/93分/原題:The Man Who Stole Banksy/映倫区分:G
© MARCO PROSERPIO 2017

<STORY>
正体不明のカリスマグラフィティアーティスト・バンクシー。
彼はパレスチナ・ヨルダン西岸地区ベツレヘムの壁に「ロバと兵士」の絵を描いた。
これが地元住民の怒りをかい、タクシー運転手のワリドがウォータージェットカッターでその壁を切り取った。
ワリドは大手インターネットオークションサイト「eBay」に出品し、最高額の入札者に売ろうと試みるのだ。
この巨大なコンクリートの壁画はベツレヘムから海を渡り、
美術収集家たちが待つ高級オークションハウスへ送られることになる。
バンクシー、そして彼の描いた絵がもたらす影響力をたどっていくと見えてくるものとは……?!

詳細はこちら

plan02_recruit_20170927
船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

ストリート担当のカウパン・チキンです。Stones ThrowなどLA音楽好きが高じて、<Low End Theory>のために渡米しましたが、帰りの飛行機に乗り遅れるぐらいの仕上がりです。編集部では主にお茶を出したり、結露した金属部分を掃除するといった作業に従事しています。あと、漂白剤も扱えたり、紐で大きいものを縛ったり、ゴミ捨ても得意です。将来はOdd Futureに仲間入りするか、Peanut Butter Wolfのようになりたいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数