ドイツの名匠ファティ・アキン監督、最新作『女は二度決断する』が、現在ヒューマントラストシネマ有楽町、ほか全国大ヒット上映中! 本作で主演を務めるダイアン・クルーガーが、第70回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞するなど、期待できる作品。

公開日4月14日にTBS系「王様のブランチ」映画紹介コーナーで映画コメンテーターのLiLiCoが「この先、たくさん映画を見ると思うけれども、一生あのラストシーンは忘れない」と熱を込めて紹介している。また、4月15日の毎日新聞で藤原帰一が作品紹介をするなど公開後も話題が続いている。

SNS上でも「演技、音楽、映像に物語と全て極上」「悔しすぎて泣かずにいられなかった」などと力強い絶賛コメントが続々とあがり、公開当該週はミニシアター週末観客数第2位を獲得し熱い注目を集めています。

ファティ・アキン監督が太鼓判を押すその理由とは!?

配役を考えたときに意外性を持たせたかったというアキン監督。彼女を起用した理由を「既製服でなく、オーダーメイドでなくちゃ」と語る。ありがちな配役を拒否し、これまでダイアンが演じた事の無い役柄を演じてもらうことへの意欲を見せた。

本作でタッグを組む前からダイアンの映画は何本も見ていたと言うアキン監督は「元々実力は証明されていた。最高の女優だ。起用しないわけがない」と彼女の演技に太鼓判を押していた。

そして、その監督の期待に応え、ダイアン・クルーガーは見事カンヌ国際映画祭で主演女優賞雄受賞。アキン監督が自信をもって届ける、鬼気迫るダイアン・クルーガーの演技が堪能できる、映画『女は二度決断する』をお見逃しのないように!

INFORMATION

映画『女は二度決断する』

ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ほか大ヒット上映中

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール
2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW、朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

詳細はこちら

アイビ 力輝

アイビ 力輝

ライター

Published on