全米で公開されるやいなや、過去の『死霊館』シリーズの中でもダントツのオープニング成績を収め、2018年ホラー映画ナンバー1の超特大ヒットスタートを切った話題沸騰中の映画『死霊館のシスター』が、9月21日(金)より4DX上映開始!

1952年のルーマニアの修道院を舞台に、バーク神父と見習いシスターのアイリーンが自殺したシスターの事件を追うにつれ、かつてない恐怖“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙していく本作。16年、公開初週90%以上の興行シェアを記録した『貞子vs伽椰子』4DX版をはじめ、鑑賞した多くの人を恐怖のどん底に陥れたことからホラー映像と4DXは、相性抜群で楽しさ倍増すること折り紙付き!

シリーズ初の4DXにすでにSNS上では、『死霊館のシスター』上映に先駆けて「死霊館のシスターを4DXで盛大にリアクションしながら観たい!」、 「死霊館のシスター4dxでみれるとか最高やん」、「死霊館のシスター4DXなのか!ホラーの4DX未体験なのでめっちゃ楽しそう♪ 」など、 『死霊館のシスター』 4DX上映を待ちわびる声も続々と寄せられいる。

『死霊館のシスター』 4DX 特別映像 觀客体験映像公開!

その、こだわりにこだわって制作された「最恐4DX」演出を体験している、究極な恐怖の体験映像が公開!

映像では『死霊館のシスター』の様々な恐怖シーンにあわせ、突然モーションチェアが大きく揺れたり、エアーやミストが炸裂し、小気味悪るそうな恐怖感を与え、最大限に恐怖を感じられる“特別ホラー仕様”の4DX効果が繰り出されえており、腕につけた心拍計がどんどん上昇していく様子が確認できる。

合計37回にかけて実行された4DX LAB TEST(※4DX演出を確認する内部テスト)では、 2D版で映画を観るときより、このような4DXならでの効果と共に4DXシアターで観る方が、心拍数や恐怖感が増大したという結果も!

『死霊館のシスター』 4DX 特別映像 觀客体験映像

4DXで観ると間違いなく恐怖感が増す

演出を担当した4DX-Studio クリエイティブ・ディレクター Jamesは、「ホラー映画は、(2D映画で観るより)4DXで観ると間違いなく恐怖感が増す。4DX効果の演出を手がけたプロデューサーらは(テストのなか)同じシーンを数十回、数百回も観ているにも関わらず、毎回驚くし、ホラージャンルであるからには、《どうやったら最も怖くなるのか》、その恐怖感を極大化できる演出を心がけて仕上げました。」とコメント。

なお、4DXは、全世界1位4D映画で2017年全世界2,000万人を動員し、爆発的に成⻑している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北米20から30代を中心とし、「観る映画の代案」として若い層に人気トレントになっている。全世界59カ国、553劇場で運営中、日本国内では55劇場に導入されている。(※2018年9月現在)

映画『死霊館のシスター』

9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ&ポイント・セット
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:The Nun
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
詳細はこちら

▼RELATED
怖すぎる広告に苦情殺到?YouTubeがホラー映画『死霊館のシスター』広告を取り下げる

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on