plan01_recruit_20181113b

全米公開初登場1位を獲得し、スパイダーマン映画史上最高傑作との呼び声高い『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本版最新予告が公開に。今回の予告はのっけから驚きの内容となっている。

スパイダーマン:スパイダーバース

先日、スパイダーマン映画シリーズで初めてゴールデン・グローブ賞のアニメーション作品賞を受賞した今作。

予告をご覧いただければわかる通り、これまでのシリーズで長年スパイダーマンの主人公として活躍してきたピーター・パーカー(吹替版声優:宮野真守)に焦点を当てた作品ではなく、新たな主人公、マイルス・モラレス(吹替版声優:小野賢章)の物語だ。

スパイダーマン、死す。『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本版最新予告が公開に film181226-spiderverse-2-1200x503

ニューヨーク、ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレスはスパイダーマンの能力を持つが、まだその力をうまくコントロールできずにいる。そんな中、闇社会に君臨するキングピン(吹替版声優:玄田哲章)によって時空が歪められる危機に直面。その結果、女性スパイダーマンのスパイダー・グウェン(吹替版声優:悠木碧)を含めた4人のスパイダーマンたちが異なる次元からマイルスの世界に集結することに。この危機を脱するため、彼らスパイダーマンたちが協力して脅威に立ち向かう、というストーリーになっている。

『スパイダーマン:スパイダーバース』予告3(2019年3月8日公開)

今作はTK from 凛として時雨が日本語吹替版主題歌を担当していることでも話題。独創的かつ革新的な映像で描かれる本作の世界観を彩る書き下ろし曲「P.S. RED I」はスタイリッシュな新生スパイダーマンの魅力を一気に加速させるものに。

またスパイダーマン・ノワール役に大塚明夫、スパイダー・ハム役に吉野裕行など、豪華声優陣がこの作品のために集結していることも注目すべきポイントだ。
これまでのスパイダーマン映画シリーズとは一味違った内容となっているようなので、スパイダーマンファンの方はお見逃しなきよう。

『スパイダーマン:スパイダーバース』

2019年3月8日(金)日本初公開

■製作:アヴィ・アラド、フィル・ロード&クリストファー・ミラー
(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)
■監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
■脚本:フィル・ロード

ストーリー:革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。彼が暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない、無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。

公式Twitter
公式facebook

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on