今、フランスで映画『スター・ウォーズ』シリーズをモチーフにしたあるスポーツが公式のスポーツ協会に公認され話題になっている。

そのスポーツとはフランスの国技としても知られるフェンシングだ。競技内で使用される剣をライトセーバーに変え決闘するという「ライトセーバーデュエル」をフランスのフェンシング協会がスポーツとして認定したらしい。

協会はライトセーバーデュエルをスポーツとして認定することによって、仕事で座ったまま身体を動かさず運動不足になってしまうという”21世紀の生活に潜むダークサイド”を追い払うことができるはず、と考えている様子。下掲は「ライトセーバーデュエル」が実際に執り行われている映像だ。

協会の事務総長、サージ・オウベイリー氏は「近年若者は身体的な健康問題を抱えている。スポーツに励むことなく、親指を使ってしか運動していない。だから私たちが普段の鍛錬と現代のテクノロジーとの間に絆を作り、スポーツに参加しやすくなればと考えている」とコメントしている。

どうやらしっかりとルールも設けて、大会も催されている模様。もしかすると、オリンピック会場でライトセーバーデュエルが見れる日が訪れるかも……?

『スター・ウォーズ』がスポーツに?フランスで話題の「ライトセーバーデュエル」 life-fashion190221-starwars-1200x1500
Photo by Simon Zhu on Unsplash

参照:The Associated Press

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on

Last modified on