Qetic Instagram 01 B

蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(Gt)、澤村小夜子(Dr)、藤咲佑(Ba)が織りなすアンサンブルには、本来合うはずのない音同士が不思議な邂逅を果たすようなマジックがあります。それは、各々がまったく同じ感覚をシェアして […]

蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(Gt)、澤村小夜子(Dr)、藤咲佑(Ba)が織りなすアンサンブルには、本来合うはずのない音同士が不思議な邂逅を果たすようなマジックがあります。それは、各々がまったく同じ感覚をシェアしているからではなく、異なるバックボーンをバンドに持ち込み、有機的な化学反応を起こしているから。というのは、以下のインタビューからわかったことなのですが、はたして、かつてないほどサウンドが大胆に変化を遂げているねごとの新しいEP『アシンメトリe.p.』では、どんなアプローチやアイデアが交差したのでしょうか。BOOM BOOM SATELLITESからの系譜を意識したというこのサウンドには、バンドがこれからどこへ向かうかについての宣言が詰まっています。それは、エレクトロという新しい武器を手にして、バンドとしてどこまでも飛翔しようという決意。以下のインタビューから、それを感じ取っていただければ幸いです。

Interview:ねごと

蒼山“ねごとの新しい一面を見せたいという目的が元々あった“

——先日リリースされた『アシンメトリe.p.』ではエレクトロを大胆に取り入れ、ねごとのサウンドを大幅に更新しています。制作にあたり、「変化すること」は最初から目的として設定していましたか?

沙田 最近のライブで4つ打ちの曲を繋げてDJ的に演奏することが多くて、メンバーと「このテンションはすごく合うよね」という話をしていたんです。じわじわアガっていって、いつの間にか踊っているようなテンション。特に私はクラブミュージックが好きだったので、今回のアプローチについては積極的にメンバーに提案していました。

——そういう意味で理想的な“アゲ方”というか、ロールモデルはありますか?

沙田 クラウトロックが根底にあるアンダーワールドの世界観は近いかもしれません。

——表題曲の“アシンメトリ”はバンドの変化を宣言する一曲になっていますが、この曲が生まれた経緯を教えてください。

蒼山 ねごとの新しい一面を見せたいという目的が元々あった中で、はじめてメンバー全員でメロディを持ち寄ってみたんです。結果、採用されたのは私と瑞紀のアイデアでした。

沙田 それで、デジロックみたいなサウンドをやるんだったら、BOOM BOOM SATELLITESの中野(雅之)さんと組むことで一気に跳ねるんじゃないかと思ったんです。

——実際に中野さんがプロデュースに入ったことで一番変化したことは?

沙田 壮大さですね。今回はホールを通り越してアリーナ級のスケールになりました(笑)。ライブハウスでいいやって思えばそこに留まってしまうし、私たちは素直にもっと多くの人に聴いてもらいたいと思っていたので。

——テクニカルな部分ではいかがでしょう?

沙田 たとえば、“アシンメトリ”の2Aから始まるピアノの旋律なんですが、最初は正直「これはアリなのか」と迷いました。他にも、今まで使ったことのなかったシンセベースとか、打ち込みとドラムの融合とか、「これが変わるということか」と。

——“アシンメトリ”の話でいうと、打ち込みから生ドラムに入る瞬間にドラムのカウントをわざと入れていますよね。繋がりを明確にしていて、気が利いていると思いました。

澤村 そうそう。こういうことって、普通はあんまりやらないですよね。

——中野さんにプロデュースをお願いしようと思いついたのはなぜですか?

沙田 昔、“カロン”という曲を作る合宿をした時に、当時のスタッフから「サビは四つ打ちがいいよ」と言われたんですが、私にはその良さがよくわからなくて、何か代案はないかと悩んでいたんです。それで、ずっと聴いていたBOOM BOOM SATELLITESに立ち返って、四つ打ちじゃなくブレイクビーツを使えば格好良いんじゃないかと。だから、私たちはBOOM BOOM SATELLITESに恩があるんです(笑)。

—ただ、エレクトロをバンドでやるというテーマが明確なEPの中でも、大人なエレポップとでもいうべき“holy night”は趣が異なりますよね。

蒼山 これはプリプロ(曲の断片となるアイデアを持ち寄ること)をしていく中で生まれた曲ですね。

沙田 もっとも説得力のある一音を突き詰めて積み重ねた結果ですね。どこかオーガニックな質感があって、積み木ではなく組体操のような構成を持っている曲だと思います。

いよいよ、新しいねごとの指針となった楽曲プレイリスト公開!

続きをmysoundで読む!

RELEASE INFORMATION

アシンメトリ e.p.

2016.11.09(水)
ねごと



詳細はこちら

EVENT INFORMATION

<MERRY ROCK PARADE 2016>

2016.12.24(土)
OPEN 9:30/START 11:00
ポートメッセなごや 1号館~3号館
1日券 ¥7,560

<COUNTDOWN JAPAN 16/17>

2016.12.31(土)
OPEN 13:30/START 15:00
幕張メッセ
1日券 ¥12,000

<ねごとワンマンツアー 2017>

2017.02.03(金)
OPEN 18:30/START 19:00
高松 DIME
ADV ¥3,800

2017.02.04(土)
OPEN 17:30/START 18:00
広島 Cave-Be
ADV ¥3,800

2017.02.19(日)
OPEN 17:30/START 18:00
岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
ADV ¥3,800

2017.02.26(日)
OPEN 17:30/START 18:00
新潟 CLUB RIVERST
ADV ¥3,800

2017.03.03日(金)
OPEN 18:30/START 19:00
仙台 MA.CA.NA
ADV ¥3,800

2017.03.05日(日)
OPEN 17:30/START 18:00
札幌 cube garden
ADV ¥3,800

2017.03.11日(土)
OPEN 17:00/START 18:00
心斎橋 BIG CAT
ADV ¥3,800

2017.03.24日(金)
OPEN 17:00/START 18:00
Zepp DiverCity
ADV ¥3,800

※1ドリンク別
※3歳以上有料/オールスタンディング/一部女性&子供エリア有り

詳細はこちら

plan02_recruit_20170927
石角友香

石角友香

ライター

大阪府出身。関西版ぴあ編集部で音楽コーナーを担当したのち独立。関西発信の今や幻(?)の音楽/カルチャー誌「MaMAマガジン」編集長を経験。現在は東京在住。音楽ポータルを中心に主に日本のバンド/アーティストのインタビュー、ライブレポート、特集記事の編集・ライティングを行う。音楽以外にも著名人の仕事上の失敗談や仕事観を探る週刊企画の編集や、企業誌なども担当。また、「FUJIROCK EXPRESS」の速報レポートや会場レポートを届けるチームに’13年から参加。10数年 観客として参加していたFUJIROCKを違う角度で体験中。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数