Qetic LINE@ 01 W

Aimer、KANA-BOON、My Hair is Badのミュージックビデオ(MV)にも出演し、雑誌『soup』、『mina』でも活躍するモデル・武居詩織が、mysoundのインタビューにて「2017年、さらに注目を集めそうなアーティスト」をピックアップ。DATS、Creepy Nuts、iri、The Internet、James Blakeなど。

モデルとしては『mina』『mini』『Soup.』など、数多くのファッション誌で活躍。また、Aimerの“カタオモイ”、KANA-BOONの“ランアンドラン”やMy Hair is Badの“真赤”、などでも独特の透明感とアンニュイな存在感で注目を集めている武居詩織さん。人気若手バンドのミュージックビデオに続々抜擢されている彼女自身もかなりのミュージック・ラバーで、今回は「2017年、さらに注目を集めそうなアーティスト」をテーマに洋楽・邦楽問わず10曲をセレクトしてくれました。武居さん自身のミュージック・ライフも垣間見えるインタビューなので、お見逃しなく。

Interview:武居詩織

【インタビュー】武居詩織 2017年、さらに注目を集めそうなアーティスト

“小さい頃から音楽は家で流れているものだった“

——雑誌のタイプもファッションのスタイルもいろいろだと思うのですが、撮影の時に音楽でスイッチを切り替えたりしますか?

そうですね。撮影に向かう電車の中では必ず音楽を聴いたりしていますね。「じゃあ今日はクールな感じだから、その前にかっこいいのを聴いて気分を盛り上げて行こうかな」というのはあります。

——そもそも日常的に音楽を聴き始めたきっかけは?

実は母がピアノの先生をしていて、小さい頃から音楽は家で流れているものだったんです。それで小学生の時一番最初に買ったCDは宇多田ヒカルさんの“Travelling”。それから中学校の頃にBUMP OF CHICKENとかから始まって、いわゆるロキノン系みたいなのを聴きだしたのがバンドにハマったきっかけかと思いますね。

——先日「フジロックの早割が取れた!」とツイートしていましたね。洋楽もずっと聴いてるんですか?

<フジロック>には19歳の時から毎年行っています。最初に行った年アトムス・フォー・ピースの演奏がすごすぎて、洋楽って規模が違うんだなと思って。そこから洋楽にすごいハマりました。

——今回は「今年注目のアーティスト」というテーマでプレイリストを作っていただきました。

出始めの人ってまだそんなに登録されてなさそうだったので、若干知られてはいるけど、今年またいろいろ人気が出そうかな?という基準で選びました。

——まずNulbarichの中でも明るいタイプの“NEW ERA”。

最近Suchmosがすごい流行ったじゃないですか。メンバーが94年生まれ頃がベースだと思うんですが、その世代はちょっと洋楽意識というか、今までのバンドっぽすぎないというか、そういう感じの流れがきてるなと思いますね。

Nulbarich – “NEW ERA”

——次は武居さんがMVに出演してらっしゃるMy Hair is Badの“真っ赤”。

私のインスタとかツイッターにも「“真っ赤”のミュージックビデオを見て知りました」って人が本当に多くて。元々すごく知っていたバンドで出たわけじゃないんですけど、(MVに)出てからライブを見に行った時に、ギターをかき鳴らしながらその時思ったことを歌いながら言ってるようなMCがすごい伝わってきたし、歌詞も今までないような直接的なものだったり。みんなどこかしら持っていてうまく出せなかったものをなんでも出しちゃうタイプの人だから(笑)、それが今の時代の若い人に刺さるんじゃないかなと、これからも期待しています。

My Hair is Bad – “真赤”

——そしてyahyelのメンバーもいるDATSについてはいかがですか?

元々yahyelが好きで、——私、きなりちゃんと仲がいいので、一緒にライブに行ったりしていて、メンバーに「DATSも今度きてよ」って誘われていて気になっていたら、ちょうどLUCKY TAPESも所属する〈Rallye Label〉に移籍したというのを聞き。LUCKY TAPESも去年、フックアップしたレーベルなので、DATSも今年すごく人気が出るだろうなと思っています。

DATS – “Candy girl”

——そしてiriさん。女性アーティストですね。

iriさんのアルバム『Grrove it』と私がジャケットになっているLUCKY TAPESの『MOON』を撮ったカメラマンが、小林光大くんっていう同じ子で。彼経由で知ったんです。iriさんはポップ過ぎないし、またおしゃれにも寄り過ぎてない絶妙なラインなので、ジャンル問わずいろんな人が聴けると思います。

iri – “ナイトグルーヴ”

——Creepy Nutsはどんな出会いですか?

きなりちゃんの影響でヒップホップも積極的に聴くようになったのですが、以前はヒップホップというとゴリゴリなイメージが強かったけど、今はヒップホップルーツでやってる人のバンドとかがポピュラーな感じになってきたというか。それを今年さらにポップなものにしてくれそうなのがCreepy Nutsかなと思います。ヒップホップってやっぱりリリックがすごいじゃないですか?言葉の選び方とか。彼らは特に、ちゃんと軸があってやっている感じがしますね。

Creepy Nuts – “合法的トビ方のススメ”

続きをmysoundで読む!

【インタビュー】武居詩織 2017年、さらに注目を集めそうなアーティスト

【インタビュー】武居詩織 2017年、さらに注目を集めそうなアーティスト

TwitterFacebookInstagram

石角友香

石角友香

ライター

大阪府出身。関西版ぴあ編集部で音楽コーナーを担当したのち独立。関西発信の今や幻(?)の音楽/カルチャー誌「MaMAマガジン」編集長を経験。現在は東京在住。音楽ポータルを中心に主に日本のバンド/アーティストのインタビュー、ライブレポート、特集記事の編集・ライティングを行う。音楽以外にも著名人の仕事上の失敗談や仕事観を探る週刊企画の編集や、企業誌なども担当。また、「FUJIROCK EXPRESS」の速報レポートや会場レポートを届けるチームに’13年から参加。10数年 観客として参加していたFUJIROCKを違う角度で体験中。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数