plan01_AHH2017_0523

「明らかに違うんだけど……」 ちょっと間をおいた後、懐かしそうに振り返る阿部寛さん。俳優デビューから約30年のキャリアで大きく変わったこと。

撮影現場で起こる監督と役者、役者と役者の化学反応。まさに研究員・栗林にとっては格好のシチュエーション。超危険な生物兵器誕生とまではいかなくても、思わずクスッと笑ってしまう数々のシーンは、大きな化学反応が起こっている証だ。そんな化学反応は、阿部さんが若い時に先輩俳優さんから影響を受けたように、若い俳優さんたちにも共鳴しているかもしれない。

阿部さんは来年で53歳。「芝居が楽しい」と話す阿部さんの今後の目標とは。

「笑いって、すごく大事なことだと思うんですよね。できるだけ、お客さんには映画を見て、温かいものを持って帰ってもらいたいなと思っています。笑わせようとしてないのに笑えてくる、そういうものが最高だと思っていて。シチュエーションだけで笑えるとか。品の良い笑いは、実は一番の目指すところです。」

【インタビュー】NEW MOVIEのあの人。阿部寛、映画『疾風ロンド』 09bbc67ecb3712daf0966a96c43dfd95-2-700x467

映画を見ながら、大声ではないけれど顔に溢れ出る笑み。一緒に見ているこっちも、なんだか優しい気分。映画館がとってもあったかい空気に包まれそう!

「これからは生瀬(勝久)さん研究しようかなと思っていて、生瀬さんが持っているものは全部盗もうと思って(笑)。」

【インタビュー】NEW MOVIEのあの人。阿部寛、映画『疾風ロンド』 fccbd6a92ff21d1c42d976f5540078eb-2

PROFILE:(Hiroshi Abe)

1964年6月22日生まれ。神奈川県出身。数々の作品に主演し、大ヒットを記録した『テルマエ・ロマエ』(12/武内英樹監督)にて日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞、さらに14年度日本アカデミー賞では『ふしぎな岬の物語』(14/成島出監督)で優秀主演男優賞、『柘榴坂の仇討』(14/若松節郎監督)で優秀助演男優賞をW受賞。東野圭吾原作の映画主演は『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』(12/土裕泰監督)以来となる。最新作『疾風ロンド』は、11月26日より全国ロードショー。

EVENT INFORMATION

大ヒット公開中!

出演:、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本明 
監督:吉田照幸
原作:東野圭吾「疾風ロンド」(実業之日本社刊) 
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸 
配給:東映  
©2016「疾風ロンド」製作委員会

公式サイト Twitter

Photo by Kohichi Ogasahara
Hair&Make:AZUMA
Stylist:Shido Tsuchiya

Yoshito Seino

Yoshito Seino

クリエイティブライター/ローカライゼーション・スペシャリスト

1985年生まれ。幼少期から映画を見始め、これまでロンドン、カンヌ、香港、東京国際映画祭等で取材。​​​言葉を通じて、映画の良さを伝えることに関心あり​。​最近はもっと違った自分を発見したいと思い、写真を撮られたり(モデル!?)してます​。​

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数