plan01_celine-3_20181119

「愛とはなにか。まだ全然わからないんですけど、いつもわかろうとは思っているし、とりあえず愛がなにかわかりたくて一緒にいるのかもしれない。そういう気持ちでもアリなんじゃないかなって」(小川)

——今作、みなさんが精神を削って挑んでいらっしゃるというのが、お話を聴いていて伝わってきます。絶望や救いが綯い交ぜになっている今作ですが、そのすべてを内包するのが「愛」。みなさん、それぞれが「愛」から連想するのは、どういうものでしょう?

小川 私、映画を作ったりとかもしているんですけど、自分の作品でも「愛とはなにか」ということは大きなテーマとしていて。結論を言っちゃうと、まだ全然わからないんですけど。でもまあ、わからないけど、いつもわかろうとは思っているし、それでいいと思っていて。輪ちゃんに関しても、進くん(川村亮介)っていう大切な人がいて、すごく2人は仲良しに見えるけど、もしかしたら本当はそれぞれの心の中にある愛って、まだ不確かなものなのかもしれない。でも、とりあえず愛がなにかわかりたくて一緒にいるのかもしれない。そういう気持ちでもアリなんじゃないかなって。ときどき「愛しか信じない」とか言う人がいたりして、それもいいと思うけど、でも、わかってなくてもいいじゃんって。

樋井 愛……なんだろう。わかんないけど、自分の好きな人に悪い人は絶対いないと思ってるんですよね。すぐに信じちゃうから裏切られることもあるけど、相手はそんなつもりなんかなくて、裏切られたと思うのは私のエゴなんじゃないかな、好きだししょうがないかって思うこともあったりして。今回のお芝居にしても、共演者のみんなのことを好きになっちゃったから、それが妨げになっているところもあって。彗っていう役は、もっと苛立ってなきゃいけないって演出でもよく言われるんですけど、少しだけ射し込む光に希望を持ってしまうというか……「こうであってほしい、すがりたい」っていう気持ちに引きずられちゃって、他の役も優しく見えてきちゃうんです。ひどい言葉を吐かなくちゃいけない場面でも、相手に泣かれると言えなくなったり。それが愛なのかっていうと、よくわかんないんですけど。

椎名 愛、ね。すべて人間って、今・今・今だと思うんですよ。過去も未来も関係なく今の積み重ねで。ここにいるみんな、このあと家に帰って違うものを食べて寝る。それだけでも人はどんどん変わっていくし、その瞬間に私が思っている愛もどんどん変わっていくと思うんです。その変化をいろんなことに変換して解決していくんだけど、愛ってものはすごくマボロシみたいな得体の知れないものだなって思います。今を越えたら、愛はマボロシになってしまう。でも、だからといって、こうやって生きているのもお仕事させてもらえているのも人の縁だと思っているので、その瞬間は人と愛を信じて表現をしています。

濱田 僕も「愛」っていうものがなんなのかわからないから、作品にして解決しようとしているんですけど、ただ自分が救われた瞬間が愛なんじゃないかなって、やっと思え始めたんですよね。それがどう転がるのかはわかないし、そんな甘っちょろい話もなかなかないんだけど。今作にしても、死にたいっていう気持ちと生きたいという気持ちがひとりの人間の中に同居している矛盾、太陽の光に照らされたいと願うような気持ちがキャラクターの中から見えればいいかなと思います。

【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 MIKA7592-700x525 【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 MIKA7698-700x525

——最後に、女性キャスト3名から観に来てくださる方に向けてメッセージをお願いします。

椎名 映像は監督のもので舞台は役者のものって濱田さんも言ってましたけど、もともと映像のお仕事が多かった分、あまり自分が役者として主張することが少ないんですね。でも今回、みんなで作っているっていう意識が高まるにつれて、どんどんこだわりが出てきちゃって。そこが観てくれる人にも伝わるとうれしいですね。あとは、舞台にニガテ意識を持っていた役者がそこを乗り越えようとしているところも、見どころかも(笑)。

小川 (笑)。こっちゃん(椎名)は音楽をやっているし、音楽だったり映像や衣装協力のPorter Classicだったり、今回キャストも製作スタッフもいろんな分野の人が関わっているので、みんなが持っている感性が舞台の上で化学反応を起こすのも楽しみにしていてほしいですね。

樋井 うーん……舞台は生ものっていうところで、その瞬間瞬間に違うものが生まれていくから来た人にした観られないものは必ずあるし、こう話をしている私にもどういうことが起きるのか、まだわからない部分があるので。それをぜひ目撃しに来てもらえればうれしいです。

【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 MIKA7737-700x525 【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 MIKA7733-700x525 【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 MIKA7730-700x525 【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 MIKA7751-700x525

EVENT INFORMATION

Superendroller LIVE “scene03”
『monster & moonstar』

【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』 monster_1-700x353
2017.03.24(金)〜03.28(火)
03.24(金) 19:00〜
03.25(土) 13:00〜/18:00〜
03.26(日) 13:00〜/18:00〜
03.27(月) 14:00〜/19:00〜
03.28(火) 12:00〜/16:00〜
原宿 VACANT
ADV ¥4,000(1ドリンク別)/DOOR ¥4,500(1ドリンク別)
一般予約フォーム
詳細はこちら

OFFICIAL PHOTO by 藤原 宏(PYGMYCOMPANY)

野中ミサキ (NaNo.works)

野中ミサキ (NaNo.works)

編集者/ライター

Published on

Last modified on