plan01_recruit_20181113b

拡張するアジア、新たなるローカル、そしてアイデンティティ。ダンス・ミュージックの現代的オルタナティブを喚起するクラブ、上海ALLと東京WWWβによるシリーズの交換プログラム<上東>がアジアの音楽特集として次号をリリースするSTUDIO VOICE協力の元、第2弾開催決定。

上海編にはSHIZKAとMari Sakurai、東京編にはHyph11EとSCINTII等が出演する。

▼インタビュー
Gaz & Tzusing | 熱を帯びる上海クラブミュージックシーンの現在

上東(ジョウトウ)とは?

上海のALLと東京のWWWβによって互いのクラブ・ベニューで活動するレジデント・アーティスト/DJを交換するために発足された交換プログラムであり、新しいローカルと音楽のセンスで拡張し形成されるアジアのアンダーグランド・シーンやアイデンティティにおいてヴェニューは何が出来るのか、その可能性を探求する。

第1弾のTzusing、Gaz、D.J.Fulltono、Mars89等をゲストに鮮烈な幕開けとなった交換プログラム“上東”第2弾が9月に開催決定。上海編にはパリの〈Antinote〉からInoue shirabeでデビュー、新たな名義で新境地へと突き進む岡山のSHIZKA、都内を軸に自身のテクノなセンスを拡張するMari Sakurai、東京編では上海拠点のプロデューサーとDJのコレクティブ〈Genome 6.66Mbp〉のメンバーでもあり、ALL主宰のGazのレーベル〈SVBKVLT〉からデビューしたHyph11E、アジアにルーツをもつコレクティブ〈Eternal Dragonz〉からEPデビュー、台北から上海に拠点を移したSCINTII、両公演共にローカルで躍動する注目のDJやプロデューサーが出演。

9月21日(金)東京編の翌日9月22日(土)には上海ALLに出演もあるShine Of Ugly Jewel(SOUJ)主宰のレーベル兼パーティ〈Dark Jinja〉がHyph11EとSCINTIIを招いて開催される。

またアジアの音楽特集として次号を9月にリリースするSTUDIO VOICEが協力で本イベントに参加、ポスト・デジタル世代によるクラブ・ミュージックの真新しい実験とオルタナティブな感性、東京と中国のアンダーグランドを通してアジアの躍動とシーンの息吹を感じて欲しい。

SCINTII b2b Hyph11E

Hyph11E

SCINTII

SHIZKA

Mari Sakurai

EVENT INFORMATION

ALL Shanghai ⇄ WWWβ Tokyo
exchange program 上東 Vol.2

上海ALLと東京WWWβによる交換プログラムシリーズ第2弾「上東」が9月に開催 music180828-all-shaghai-wwwb-1-1200x1690
Shanghai
2018.09.01(土)
OPEN・START 22:00
ALL Shanghai
DOOR 80rmb
LINEUP
SHIZKA [WWWβ Tokyo] – LIVE
Mari Sakurai [WWWβ Tokyo]
33EMYBW – LIVE
unhea7thy4u
Gouachi

TOKYO
2018.09.21(金)
OPEN・START 24:00
WWWβ Tokyo
ADV ¥1,800 @RA | DOOR ¥2,500 | U23 ¥1,500
LINEUP
Hyph11E [Genome 6.66MBP / ALL Shanghai]
SCINTII [ALL Shanghai]
NTsKi – LIVE
Yusaku Arai
Shine Of Ugly Jewel

※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter

詳細はこちら

RELEASE INFORMATION

STUDIO VOICE VOL.413
『Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』

上海ALLと東京WWWβによる交換プログラムシリーズ第2弾「上東」が9月に開催 music180828-all-shaghai-wwwb-2-1200x800
photography by Ka Xiaoxi

2018.09.20(木)
アジアーーいまそこで生まれている音楽は、文化的・歴史的・言語的な複雑さと多様さを備えたまま、同時代のグローバルな音楽性と結びつく。もはやそれらは「ワールドミュージック」でも「辺境音楽」でもない。邦楽/洋楽の棲み分けによって凝り固まった嗜好性や先入観を手放し、音楽飽食時代のリスナーたちはみずからを更新するときがきた。真にオルタナティヴな「聴き方」を探し求めてアジアを旅した、2015年の復刊後初となるSTUDIO VOICEの音楽特集。
詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on

Last modified on