celine_plan01_20180916

ビョークやシガー・ロス、ムームといった著名なアーティストを輩出してきた音楽国、アイスランド。大規模な音楽フェス、<Iceland Airwaves>の開催でも世界的に知られる同国において、夏の一大イベントとして新たに定着し始めているのが<All Tomorrow’s Parties Iceland>だ。今年、現地で同イベントに参加してきた筆者が、その見どころを紹介したいと思う。

<All Tomorrow’s Parties Iceland>とは何か?

<All Tomorrow’s Parties Iceland(以下、ATP Iceland)>は、その名の通り、オルタナティヴ、インディー系ロックの祭典である<All Tomorrow’s Parties>が夏のアイスランドで行う音楽イベントである。ホストとなるミュージシャンやクリエイターがキュレーションを務め、それぞれの感性でラインナップを決めるというユニークな手法で音楽ファンから支持を得ている<All Tomorrow’s Parties>。

そのアイスランド版となる<ATP Iceland>は、世界中からバンドが集まり、3日間に渡ってライヴステージが繰り広げられるというスケールの大きなものになっており、今年は7月2日(木)から4日(土)にケプラヴィークにて開催された。このイベントの初開催は、2013年。ポーティスヘッド、シェラック、モグワイらを招聘した2014年に続き、本年度が3回目の開催となるまだまだ新しいロックフェスである。

インディー系のフェスティヴァルということもあってか、チケット価格はかなり安い。チケットは、<Super Early Bird><Early Bird>という「超早売り」「早売り」「通常価格」の3種類があり、フルプライスで3日間の通し券を買っても100ポンドしない程度。勿論、早めに買えば買うほど、お得な価格となる。ちなみに、「Early Bird」で通し券を購入した筆者は18,000円程でチケットを購入できた。この価格で3日間も海外の有名アーティストを観ることができるのだから、かなり良心的な価格設定だといえるだろう。

会場ではチケットと引き換えに、リストバンドを貰える。この辺りは、通常のロックフェスと変わらないのだが、おもしろかったのはそのリストバンドが6年前に行われたATPイベント(ディーヴォ、キリング・ジョーク、スリープらが参加した<ATP Vs The Fans 2::The Fans Strike Back!>)のものを使い回していたところ。

北欧の自然とインディーロックの真髄を味わえるフェスとは music150817_atp_listband

この辺りの独特の緩さというか、如何にもインディーらしいローファイ感も一種の味か。

<ATP Iceland>その豪華ラインアップを振り返る

本イベントは、一部のステージに出演するアーティストを除いて、特定のキュレーターを設けず<ATP>主催の“ロックフェス”形式でのラインナップ展開を行っている。その為、これまでの<ATP>開催事例に比べても、よりバラエティーに富んだバンド、アーティストが揃っている。

北欧の自然とインディーロックの真髄を味わえるフェスとは music150817_atp_lineup

今年の<フジロック・フェスティバル>にも来日したベル・アンド・セバスチャンのような人気アーティストを筆頭に、パンクロック界のゴッドファーザーたるイギー・ポップ、ポストロックのゴッドスピード・ユー!・ブラック・エンペラー、オルタナ、グランジ代表マッドハニー、後に続くエモコアの礎を築いたポストハードコアバンドであり、奇跡の再結成を果たしたドライヴ・ライク・ジェフも参戦。

ジム・ジャームッシュの映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』への出演でも知られるホワイト・ヒルズ(写真)や、ニューヨーク・アンダーグラウンド・ロックシーンのドン、スワンズなど、実に<ATP>らしいバンドも揃っている。

北欧の自然とインディーロックの真髄を味わえるフェスとは music150817_atp_whitehills

さらに、ラン・ザ・ジュエルズにパブリック・エネミー(残念ながら昨年の来日では入国できなかったフレイヴァー・フレイヴがフロントにいる完全体のPE!)といったヒップホップ組やゴースティジタルのようなテクノ、エレクトロニカ系のアーティストまでもが<ATP>の旗手の下、アイスランドの地に集結するのだ。

特定の音楽性やスタイルに偏ることなく、様々な音楽ファンにアプローチできるラインナップでありながら、その選出には“オルタナティヴ”や“インディー”のエッセンスがシッカリと感じられるのは、音楽ファンにとって嬉しいポイントだろう。

これだけのバンド、アーティストを前述のようなチケット価格で観ることができるのだから何ともありがたい。演奏時間は、基本的に持ち時間40分から70分程の“フェス仕様”ではあるものの、バンドによっては2時間のロングセットが組まれていたりもするので、満足感も十分だ。

次ページ:アイスランドのローカルバンドも見応え抜群!

住吉STRANGER

住吉STRANGER

サラリーマン兼ブロガー

Published on

celine_plan02_20180916