plan01_recruit_20170927b

伝説的な1ページとなる<Die Hard Day>。日本へ向けたメッセージが詰められた、この<Die Hard Day>のSpecial PVを是非、皆様に体感をして頂きたい!

この<Die Hard Day>にリアルタイムで立ち会えた事はどれぐらい幸運な事だったのだろうか!?

〈Thunderdome〉が主催する<Die Hard Day>は一体どれぐらい多くのHardcoreファン達が待ち望んでいたイベントであったのだろうか!?

伝説的な1ページとなる<Die Hard Day>。日本へ向けたメッセージが詰められた、この<Die Hard Day>のSpecial PVを是非、皆様に体感をして頂きたい!

“THUNDERDOME LOVE JAPAN” in Die Hard Day 2015 Special PV

How lucky was I to be able to witness the event Die Hard Day in real-time!?

Just how many fans of hardcore must have eagerly awaited Thunderdome’s Die Hard Day!?

Die Hard Day; a legendary chapter.
Take a look at this special promotional video for Die Hard Day, which contains a message to Japan!

この<Die Hard Day>には序章があった。<Amsterdam Dance Event 2015>(以下、 ADE)にてHardcoreレーベルが中心となったHDEイベントが行われた。HDEとは、Hardcoreの将来的な展望についての討論、ヘッドライナーDJのスピーチ、ビジネス的な交流会も含めて「Hardcore好きによるHardcoreの為」のイベントであった。Hardcoreのレーベル関係者、イベンター、ジャーナリスト、DJ達が約500名ほど参加をしており、フランス、イタリア、ベルギー、クロアチア、韓国、そして日本まで多種多様な国籍の面々が参加をしていた。このカンファレンスのチケットはソールドアウト、<ADE>でも注目されるイベントであった事は間違いない。なにより話題になったのはHardcore音楽のルーツ的な存在でもある〈Thunderdome〉レーベルのスピーチプログラムがあった事だ。このプログラムのシートは満席、立ち見での参加者も多く見受けられた。内容は〈Thunderdome〉が歩んできた歴史、今後のHardcoreの将来を見据え話をしていた。そしてスピーチの終盤、〈Thunderdome〉が主催とする<Die Hard Day>を2015年12月5日に行うと正式に発表され、その瞬間会場中にどよめきが起こった!! なぜなら〈Thunderdome〉は2012年以来イベントを行っていなかったからである。3年ぶりの復活となるイベントの狼煙があがった瞬間であった。

This Die Hard Day came with a prologue. HDE, an event with hardcore labels at its center, was held at Amsterdam Dance Event 2015 (ADE). HDE is an event “by hardcore lovers, for hardcore lovers” that includes discussions about the future prospects of hardcore, speeches by headlining DJs and business exchanges. Roughly 500 affiliates of hardcore labels, organizers, journalists and DJs participated, boasting a great variety of nationalities, including French, Italian, Belgian, Croatian, Korean and Japanese. The tickets to this conference were sold out. There’s no mistaking that it stood out, even at the ADE. What sparked conversation in particular was the panel held by the Thunderdome label, a core part of hardcore music. Every seat was occupied and many attendees could be seen standing. The panel focused on the history of Thunderdome and the future of hardcore. The speech was concluded with the official announcement that Die Hard Day would be held on December 5, 2015, whipping the venue into a spontaneous frenzy. The reason for the commotion was that Thunderdome hadn’t held an event since 2012. It was the moment a starting pistol signaled the end of a three-year hiatus.

伝説の序章!? -Die Hard Dayの軌跡- Prologue of legend!? -Locus of Die  Hard Day- Die-Hard-day-submit-1

伝説の序章!? -Die Hard Dayの軌跡- Prologue of legend!? -Locus of Die  Hard Day- Die-Hard-day-submit-4

次ページ:この空間に入り込んだことで、まだ私が知らなかった〈Thunderdome〉の魅力的な世界にどんどん吸い込まれていく

plan02_recruit_20170927
原田 篤

原田 篤

フォトグラファー

2013年にオランダ移住後、アーティスト・野外フェスティバル、イベント等の撮影で約100本以上に参加。2015年にオランダでフォトグラファー会社、誠進(seishin)を起業。オランダ発祥の音楽Hardcoreミュージックに惚れ込み「Gabber Connect」のプロジェクトを立ち上げ。写真で日本とオランダを繋ぐ事を目標にフォトグラファーとして活動。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数