plan01_recruit_20181113b

<SUMMER SONIC 2019(サマーソニック・サマソニ)>の出演者が続々と公表され、<FUJI ROCK FESTIVAL’19(以下、フジロック)>の発表もそろそろなのではないかというこの時期。公式アカウントは今年2月8日(金)に発表することを明らかにしています。

そして発表前日! ドキドキのヘッドライナー発表を目前にして、それらを大胆予想しちゃいます! 参加していただいたのは、<フジロック>早割に応募した方々。どんとこい<フジロック>ヘッドライナー発表!!!!

▼RELATED
今年のフジロック、サマソニは誰が出る?同日程の海外フェスラインナップが発表に

FUJI ROCK FESTIVAL’19
〜ヘッドライナー予想〜

Si_Aerts(しあつ)|ビデオグラファー時々DJ

フジロック歴:行ったり行かなかったりで4回目

ジャネール・モネイ

2018年にキャリア最高傑作とも言えるアルバムDirty Computerを出したジャネール・モネイ。私が今最も見たいアーティストの一人かもしれません。日本での知名度がどれくらいのものなのかは正直未知数ですが、彼女の持つ多様な音楽性、社会に対するメッセージ性は間違いなく人の深層心理をも貫く力を持っています。

ザ・ストロークス

今、フジロッカー達は彼らを求めているに違いありません。今年のストロークスはLIVEモード全開ですしね。彼らが2019年にLIVE活動を再開させた意味を、LIVEが何かを、音楽が何なのかを、もう一度示してくれる気がします。久々にグリーンステージ全体が汚いLIVEハウスになる瞬間を見たいですね。

フランク・オーシャン

2016年にBlondeを出してから、フジロックはおろか日本に一度も来ていないだなんてそんなことあって良いのでしょうか。 「ここにいて良いんだ。」Blondeというアルバムを初めて聴いた時の感覚は今でも忘れられません。私たちは彼に生かされている様な気がしますし、<フジロック>に、グリーンステージに、彼の椅子がずっとあります。今年こそ。今年こそ。今年こそ。

へるし

フジロック暦:10年

Weezer

カバーアルバム、オリジナルアルバムが2019年に発表され、ファンからは6次Weezerブームが巷で起きているとか、いないとか、、、何はともあれPower Popの象徴Weezerがトリなら快晴が期待されますので、強い要望となりますが予想1です!

Pixies

こちらも<サマソニ>でよくお見かけしますが、たまには山を越えて、ハイネケンと美味しいおつまみを食べに来ていただきたいところ。山嫌いの可能性があるのかなと感じてますが、そこをなんとかうまい具合にスマッシュさんよろしくお願いします。。。

EMINEM

個人的に好きになってから一番期間が長いものであり、高校時代田舎出身である私が、文化系ながらヒップホップが好きという点で、怖い先輩から目をつけられなかったという 恩恵を与えてくれたEMINEMさん。 ヒップホップとロックは相反するイメージもあるのですが、EMINEMの歌詞にはロック魂を通ずるものを感じます。雷雨と共に来日お待ちしてます!

has|DJ

フジロック歴:9年

The Weeknd or Bruno Mars

去年のkendrick lamarでの盛り上がりもあったし、HIp-HopかR&Bのアーティストは1組は入るかなってことで 年末の来日でも最高だったThe Weekndに来て欲しい。もしくはBruno Marsでみんなで彼の曲で歌って踊ったら最高にハッピーで終われそう。

James Blake

James Blakeは毎回<フジロック>で見てるけど、いつも素晴らしいパフォーマンスするしアルバムもすごいよかったから見たいです。

The Chemical Brothers

ケミカルはよく来日してたけど来てなかったし、そろそろ感あるなと(笑)。 リードシングルが本当に良い!

ねーね

フジロック歴:2014年から。一年飛ばしてるので、今年で5年目。

The Strokes

ようやく活動しはじめたストロークス、スマッシュなら呼んでくれると信じての一票です。

Childish Gambino

Childishは、去年のヒップホップ推しの流れから今呼ぶとしたら彼かなと。

Jack White

Jack Whiteはラカンターズ新曲の発表もありましたが、まずはソロで盛り上げて欲しい。去年のアルバムも良かったです。ライブ見たことないので、願望込み。

Vur(Tatsuro kitagawa)|アーティスト、VJ、DJ、WEBディレクター

フジロック歴:12年

Childish Gambino

運営側が昨年と同じように古き良きだけでなく 今時な流れを汲むのであれば 強烈なメッセージ性で物議を醸し、トラック自体も秀逸な“This is America”放ち、<Coachella>のヘッドライナーにも決まった彼の登場を期待してもいいのかな、なんて思ってます。“Feels Like Summer”はもってこいだし、最後“Redbone”なんてやろうもんなら大合唱になりそう。

Radiohead

先日新譜出してましたよね! やはり<フジロック>にはUKロックファンなる安定層が一定数いる気もしますし、積極的に新しい方向性を探す進行形なバンドである彼らは世代を超えてコアなファンが多いかなという印象です!印象です! まだ<フジロック>を未体験な人を巻き込むのにもうってつけかと思いますね。個人的にはトムヨーク自身もサントラの新譜を発表していたので、彼の単独もしくはAtoms for Peaceで来てもらえたら嬉しいんですが、単独はトリの前あたりのラインナップになりそうだし、Atoms for Peaceは<サマソニ>にレッチリが出るとなると Fleaが夏に2度も来日になるので、望み薄かなぁなんて思い、ラジオ頭に一票…(笑)。

The Smashing Pumpkins

もうこれは個人的な希望でしか無いですが(笑)! 高校生の頃、2003年の<フジロック>に想いを馳せるものの 元スマパンのビリー率いるZWANはキャンセル、そのまま解散となりました。 (結局、片田舎の高校生には敷居が高くて諦めましたが) 最近、オリジナルメンバーで再結成しましたし(ダーシー・レッキーを除いて)<フジロック>にはもともと他のフェスと比べて「まだ大トリほどでも無いでしょ」ってアーティストもヘッドライナーに据える印象があるので、James blakeやDisclosureをグイッとグリーンのトリにしてほしい気もしますが、期待を込めて! 未出演アーティストでいえばPortisheadやPearl Jamにもいつか出てほしいですね。

RangerWorks CEO|ShinjiAkiyama

フジロック歴:7年

System of a Down

昔、彼らの人気曲“B.Y.O.B.”を誰もいないはずの夜の土手で全力で歌いながら自転車を爆走していたところ、後ろに無灯で走っていた知らないおじさんに全部聞かれていたという恥ずかしいエピソードがありました。あの日以来、どれだけ自転車に乗りながら歌う前に後ろを振り返ったことか、、、全てはSystem of a Downのおかげなんです。ありがとうSystem of a Down。<フジロック>には2001年以来となるが、2006年の活動休止から2011年の復活、最近では意味不明なカウントダウンをツイートするなど、なんかやるぞ感満載です。予想不可能なその行動は運営側から見ても話題性・実力共に是非とも呼びたい存在かと思います。お礼を言いたいので是非来てください!

oasis

目を閉じて想像してみてください。<フジロック>、グリーンステージ最後のトリ、アンコールの後やる“Don’t Look Back in Anger”を。(目を閉じたら読めませんね。ごめんなさい)
根拠は全くありませんが、2001年2009年と来ていますしこんなに愛されてるバンドはなかなかいないと思います。まだ、みんな生きていますし、兄弟仲良く!せめて和解していただき感動とナイスサウンドをお届けしてほしいと切実に願っております!!!

SLAYER

スラッシュメタル四天王の中でも超攻撃的なサウンドを叩き出すSLAYERですが、なんと今年でファイナルワールドツアーと宣言しております。<Download Japan 2019>にも出演が決定していますが一度は苗場の土を踏んでいただきたい。<フジロック>にもまだ出演なし!といいうか、スラッシュメタル四天王の中ではAnthraxしか出演てなかったという事実!是非苗場でSLAYERを!

宝の山太郎|Netflixer

フジロック歴:3年

Kid Fresino&JJJ

まあですね、<フジロック>のラインナップ第一弾が2月8日=#feb8に発表されるということ。#feb8は昨年亡くなってしまったFla$hBackSのFEBB AS YOUNG MASONを思い出させます。ということでFla$hBackSのKid Fresino&JJJが登場。池袋bedで開催された<Refugee Market>でも彼らのパフォーマンスはまぁとてつもなかったですよ。一気に酔いが覚めたというか。<フジロック>で観てみたいですよね。という予想です。予想ですので。あくまで予想。

Nicolas Jaar

まあですね、方向性はちょっと変わりますけど、Nicholas Jaar。再生ボタンを押すときにいつもニコちゃんまだかなって思うんですけど、ヘッドライナーで戻ってきたら激アツ。去年別名義で出したA.A.L.(AGAINST ALL LOGIC)も最高でした。James Blakeとの衝突が観て観たいものです。トリじゃないかもですが、<フジロック>で観てみたいですよね。という予想です。予想ですので。あくまで予想。

Kanye West(or Kids See Ghost)

まあですね、いつ来るんですか? 首長くして待ってますけど、一向に来ないじゃないですか!!! 小生、困ります。去年あれだけ素晴らしいアルバム群を出しておいて何もなしなんて耐えられません。欲を言えばPusha-T、Nas、Teyana Taylorも引き連れてきて欲しいです。Kanyeには今年もぶっちぎっていって欲しい! その始まりをフジロックで観てみたいですよね。という予想です。予想ですので。あくまで予想。

ラインナップ第一弾発表前日!フジロック2019のヘッドライナーを大胆予想! music190119-fujirockfestival19-2-1200x2133

EVENT INFORMATION

FUJI ROCK FESTIVAL’19

2019.07.26(金)、27(土)、28(日)
新潟県 湯沢町 苗場スキー場
9:00 開場 11:00 開演 23:00 終演予定

詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on