Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

7月6日(水)に、ブランニューダンストラックとも言えるEP『琥珀色の街、上海蟹の朝』という意欲作のリリースを発表し、今なお時代を突き進む京都出身のロックバンド・くるり。彼らが主催し、今年10周年を迎える野外イベント<京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園>の出演者が本日発表された。このアナウンスにより、くるり、Tété、矢野顕子、Mr.Children、QURULI featuring Flip Phillip and Ambassade Orchesterの計5組の出演が決定。

Mr.Children、矢野顕子らが出演!10周年を迎えるくるり主催の<京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園> music60620_kyotoonpaku_4

Mr.Children

Mr.Children、矢野顕子らが出演!10周年を迎えるくるり主催の<京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園> music60620_kyotoonpaku_2

矢野顕子

出演アーティストは、“くるり”をはじめ、カリブ海と西アフリカにルーツを持ちフランスで育ったシンガーソングライター“Tété(テテ)”、同イベントへの出演はこれで2度目となり今年、デビュー40周年を迎える“矢野顕子”、昨年対バンツアーでくるりと共演した“Mr.Children”、さらにウィーンアンバサーデオーケストラとくるりのコラボ企画、“QURULI featuring Flip Phillip and Ambassade Orchester”という、このイベントでしか味わうことの出来ないラインナップとなった。

Mr.Children、矢野顕子らが出演!10周年を迎えるくるり主催の<京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園> music60620_kyotoonpaku_5

Tété

地元・京都から、2007年の初開催より新しい音楽文化を発信し続け、しかも京都駅から徒歩15分圏内の公園で行われるというアクセスの良さにも定評があるこのイベントもついに10年目。これまで、国内のトップアーティストをはじめ、大物海外勢にいたるまで、まさに“音楽の博覧会”という名にふさわしいラインナップと、さまざまな企画が大きな魅力となっており、京都の秋の一大イベントとして、恒例となっている。

また、くるりオフィシャルサイトにて完売必至のチケットの先行予約を開始。本日、6月20日(月)12時より6月26日(日)23時59分までとなっている。

☆こちらの記事は今週の『InterFM 897 Tokyo Brilliantrips』と連動してお伝えしました。

EVENT INFORMATION

京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園

2016.09.18(日)
京都・梅小路公園 芝生広場
くるり/Tété/矢野顕子/Mr.Children/QURULI featuring Flip Phillip and Ambassade Orchester

詳細はこちら

オフィシャルサイト

edit by Qetic

Published on

Last modified on