超豪華ラインナップがアナウンスされているLIQUIDROOMの15周年公演にて、新たにtoeのワンマン公演の開催が発表された。オープニングアクトには2019年最注目バンド、んoonが登場する。

toe “Song Silly”(’Official Music Video)

LIQUIDROOM15周年公演にてtoeのワンマン公演が開催 オープニングアクトに、んoonが登場 music190712-liquidroom15th-toe-2
toe

2000年、山嵜廣和(ギター)美濃隆章(ギター)山根敏史(ベース)柏倉隆史(ドラム)の4人編成で結成。
主にインストゥルメンタルの楽曲でありながら、聴くもの観るものを高揚、魅了させる音源、ライブパフォーマンスは絶大な支持を受ける。
海外での評価も高く、07年から年一回ペースでのアジアツアー、‘12年の欧州ツアー、‘13年、‘15年の北米ツアーをほぼ全ての会場でSOLDOUTするなど、成功をおさめる。
海外レーベルとはWhitenoise Records(香港)、Topshelf Records(米)、Big Scary Monsters recording(英)とサイン。
’15年7月には5年半ぶりのフルレングス・アルバム『HEAR YOU』をリリース、
通算4度目の<FUJI ROCK FESTIVAL>出演など精力的に活動を続ける。

2018年1月にはtoe結成以来、単独音源以外で制作されたCM、リミックスやコンピ盤参加テイク、提供楽曲、更にtoeとゆかりの深いアーティストによるリミックストラック4曲を収録したコンプリートディスコグラフィ『But That’s Another Story』をリリース。
2018年1月に初となる南米ツアーを行う。

2018年8月には3年ぶりとなる新作EP『OUR LATEST NUMBER』もリリースし、9月にUSツアーを12カ所を敢行。
その後も国内、国外問わず精力的にライブ活動を展開している。

んoon – Gum

LIQUIDROOM15周年公演にてtoeのワンマン公演が開催 オープニングアクトに、んoonが登場 music190712-liquidroom15th-toe-1
んoon

んoon(ふーん):2014年結成。バンド名の由来は、感嘆(あるいは無関心)を表す日本語の擬態語「ふーん」から。(発音アクセントは「不運」と同じ。)
「ん」は”h”であり、ハープのアウトラインでもある。直観と思いやりをコアコンセプトに、ジャンルを無駄にクロスオーバーさせるより、その境界面に揺蕩うことを重視する。
2018年6月に1st EP『Freeway』をFLAKE SOUNDSよりリリース。同年8月、ボーカルのJCが、toeのアルバム『The Latest Number』に参加。HarpのYuko Uesuは2019年4月発表の TENDREのシングル“SIGN”に参加。
CINRAのイベント<exPoP!!!!!>やEggsとShibuya HOMEによる企画<tossed coin>への抜擢。台湾でのライブ。ホステルCITANでのライブ。曲名にもある実際のレストラン 「TOKYO FAMILY RESTAURANT」での自主企画を成功させるなど、精力的に活動中!

EVENT INFORMATION

LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY
toe

日時:2019年10月8日(火曜日)開場/開演 18:30/19:30
出演:toe/Opening Act:んoon
会場:LIQUIDROOM
前売券(8月10日(土曜日)10:00発売):3,500円(税込・1ドリンク代別途)
前売券取扱箇所:チケットぴあ[Pコード 158-634]、ローソンチケット[Lコード 73042]、イープラス<https://eplus.jp/sf/detail/3016860001-P0030001>、LIQUIDROOM
===
※ローソンチケット独占先行あり。
https://l-tike.com/st1/liquidroom2019-toe
受付期間:2019年7月10日(水曜日)正午~17日(水曜日)23:59
===

問い合わせ先:LIQUIDROOM 03-5464-0800 https://www.liquidroom.net
詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on