celine_plan01_20180916

爆発的なサウンドと強烈なパフォーマンスで知られるNYのガレージ・パンク・バンド、パーケイ・コーツ(Parquet Courts)が、先日発表された5枚目と最新アルバム『Wide Awake!』から、タイトルトラックのミュージックビデオを公開!

とにかく人々を踊らせたい!という今作のテーマが最も強く反映されたトラックで、ブラザー・ウィリスが監督し、ニューオーリンズにて撮影されている。バンドが紫のタキシードを着て、まさに “目が冴えた (Wide Awake)”な状態でマルディグラ(リオのカーニバルなどと並ぶ世界で最も有名なカーニバル)を闊歩する内容となっている。

Parquet Courts – Wide Awake (Official Video)

キャリア史上最も画期的な最新作『Wide Awake!』は、デンジャー・マウスとして知られるブライアン・バートンをプロデューサーに迎え、バンド史上最も画期的な作品となっている。誰もが予想しなかったこの組み合わせについて「パーケイ・コーツのアルバム全ての背景にある精神は、どの作品にも、より良い変化が必要だということ。そのためには、自分の安全地帯から出るということが重要なんだ」と、ギタリスト/シンガーであるA・サヴェッジは語る。「俺は、自分がパンクとファンクに恩恵を受けたアルバムを作っているということに個人的に満足していた。その一方で、ブライアンはポップ音楽のプロデューサーで、今までにも、非常に磨き上げられた作品を作ってきた人だ。そんな、筋が通っていないところが気に入ったのさ」。バンドに最初に声をかけたのは、バンドのファンであったデンジャー・マウスであり、彼はバンドが望んでいた新たな挑戦と飛躍の機会をもたらした。

パーケイ・コーツ最新作『Wide Awake!』は、5月18日(金)リリース。iTunesで予約すると公開された“Almost Had To Start A Fight / In And Out Of Patience”と“Wide Awake”の2曲をいち早くダウンロードできる。

RELEASE INFORMATION

Wide Awake!

パーケイ・コーツ最新作『Wide Awake!』からタイトルトラックMVが公開! Parquet_Courts_Wide_Awake-1200x1200


2018.05.18(金)
詳細はこちら
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on

celine_plan02_20180916