plan01_recruit_20170927

[StarFes.'14]レポート:新たにVICE Japanをオーガナイザーに据え、立ち上げ時のコンセプト「日本一早い夏フェス」から鮮やかに舵を切った<StarFes.>、その奇跡のような1日を振り返ってみたい。

StarFes.’14
2014.09.20(SAT)@幕張海浜公園 StarFes.’14 特設会場

前中にも関わらず、海浜幕張駅のホームは大混雑。どうやら幕張メッセでは<東京ゲームショウ2014>が、一方のQVCマリンフィールドでは野球のデーゲームが行われる日でもあったらしく、凄まじくカオティックな客層&光景に面食らったワケだが、<StarFes.’14>の舞台となった幕張海浜公園のカオスはそれ以上だった。新たにVICE Japanをオーガナイザーに据え、立ち上げ時のコンセプト「日本一早い夏フェス」から鮮やかに舵を切った<StarFes.>、その奇跡のような1日を振り返ってみたい。

■ 朝イチのBOREDOMSでトリップし、カオスな客層にたじろぐ

リストバンドの交換を済ませると、すでに砂浜の特設ステージでBOREDOMSの強烈なライヴが始まっていた。数十名の演奏者を円輪配列したサーキュレーション・システムでの降臨となり、祝祭的な太鼓のビートとノイズが容赦なく空と海に放出されていく。ステージとの高低差が無かったため全貌は確認できなかったものの、人と人の隙間から覗くEYEの司祭っぷりと、「VISION! CREATION!!  NEWSUN!!!」の咆哮には危険ドラッグなど不要でトリップ可能だ。バンド側の熱い要望で90分に延長された気合のパフォーマンス、のっけからベスト・アクト候補である。

メインステージ「StarArena」のトップバッターはZAZEN BOYS。必殺の“RIFF MAN”をはじめ一糸乱れぬバカテクと、向井秀徳によるユーモラスな歌詞で一気に引き込みつつも、後半ではメンバー全員が1本のマイクをシェアして合唱(輪唱?)するシーンも。

続いて、反対側のセカンドステージ「StarFloor」に移動。3,000人規模のこじんまりとした印象だが、国内外のDJやトラックメイカーが入れ替わり立ち代わりノンストップで踊らせてくれる贅沢空間だ。モデルのエリーローズ(VAN CLIFFE)から北欧代表リンドストローム(LINDSTRØM)へと繋ぐ、ストイックなテクノ→ハウス→ディスコの応酬にはカラダも胸も踊りまくり。

それにしても、客層のカオスっぷりがハンパじゃない。ヒッピー風、ストリート系、アウトドア系といった野外フェスでお馴染みのトライブはもちろん、赤文字系モデル/ギャル、ヒップホップ・ヘッズ、アーバン系ディーヴァ、下北系古着、果てはサイバーパンクまで一堂に会するイベントなんて、世界広しと言えども<StarFes.>だけだろう(メタラーがいなかったのが残念!)。また、オフィシャル・サイトではシークレットだった「StarLounge」にはEITAやYOSAらゲストDJの他、ヴァン・クリフやマーク・ファリナ(MARK FARINA)ら「StarFloor」出演組も顔を出すなど、メインの2ステージに引けをとらない盛り上がりを見せていた。

次ページ:【面目躍如のDJ KRUSHと、貫禄勝ちだったエリカ様】

plan02_recruit_20170927
Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数