plan01_recruit_20170927

AppleがApple Watchなどのウェアラブルデバイスのバンドを自動調整する機能の特許を取得した。申請されたばかりの特許に過ぎないが、Apple Watchを快適に着用するために、心拍数を正確に図るためにはバンドをフットさせる必要がある。将来的に自動でバンドを調整してくれる機能が搭載されたApple Watchが発売される日がくるのかもしれない。

AppleApple Watchなどのウェアラブルデバイスのバンドを自動調整する機能の特許を取得した。

Appleが申請した「US Patent No. 9,781,984」は「ウェアラブル電子デバイスの動的な適合調整」に関するもので、 Watchなどのウェアラブルデバイスのバンドを自動で調整し着用できるようにするという方法を複数申請している。

申請されたばかりの特許に過ぎないが、 Watchを快適に着用するために、心拍数を正確に図るためにはバンドをしっかりとフィットさせる必要があるため、将来的に自動でバンドを調整してくれる機能が搭載されたApple Watchが発売される日がくるのかもしれない。

Appleがウェアラブルデバイスのバンドを自動調整する特許を取得。将来的にApple Watchに採用か? watch_series_3_heartrate_app-700x913

申請された図や内容(英語)は米国特許商標庁のオフィシャルサイトで確認することができる。

詳細はこちら

▼RELATED

Apple Watchで不正?レッドソックスに続きダイヤモンドバックスにもサイン盗み疑惑

Apple Watch Series 3はApple Musicと親和性抜群!通信機能搭載で新たなミュージックプレーヤーが誕生?

plan02_recruit_20170927
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数