今月初めにカリフォルニアで開催されたデベロッパー向け国際カンファレンス<WWDC 2019>で発表されたAppleのiPhone向け新OS「iOS 13」。開発者に向けて現在ベータ版がリリースされているのだが、そんな中、忘れん坊なあなたにとっても嬉しい機能が追加されていることが明らかになった

アプリ消去時にサブスクリプションをお知らせ!

今回明らかになった機能は、アプリを消去するときに役立つもの。課金が発生しているサブスクリプション型のアプリを消去した際、そのまま課金を継続するかどうかをお知らせしてくれるのだ。下掲のツイートで、そのお知らせがポップアップしてきた瞬間を捉えたスクリーンショットを確認できる。

お知らせには「このアプリのサブスクリプションを継続しますか?」と書かれており、そのまま継続するか、設定画面に移行するかの2択の中から選択できるようになっている。

この機能があれば、不必要なアプリ内課金を解除し忘れることもなければ、無料期間中に登録していたサブスクリプションサービスを解約し忘れるというリスクも減るはず。これで心置きなくいろんなサービスを試してみたり、課金することができるように。「iOS 13」のすごさはこれだけじゃないので、他にもチェックしてみて!

RELATED
「iOS 13」のマップ新機能「Share ETA」で共有できる2つの情報とは?
Apple「iOS 13」の最大の魅力はプライバシーにあり?
ついにiOS 13発表!ダークモードに新たなミー文字、マップもより詳細に

WWDC 2019 Keynote ー Apple

iOS 13

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on