plan01_celineH2_20181015

発売直後にiPhoneを分解することで知られているiFixitがiPhone XS、 XS Maxを早速分解。

さらに、防水性能が向上したというiPhone XS Maxをビールに長時間漬けるという実験を行っています。

Appleは「深さ2メートルの水に入れても30分まで持つ」とその性能をアピール。

Appleのマーケティング担当上級副社長であるフィリップ・シラーは塩素処理した水、塩水、オレンジジュース、紅茶、ワイン、ビールなど様々な液体でテストを行ったと語っていました。

実験の結果30分を大きく上回る4時間30分が経過した後も問題なく動作しています!

Teardown LIVE with BEER!

不注意でビールをこぼしてしまっても問題なく動作するようです。

Xは2週間川底に沈んでいても無事動作

iPhone XS Maxをビールに漬ける実験敢行!深さ2mに4.5時間、結果は? technology180425_apple_01-1200x800
水深1mの水槽に、30分間入れても浸水がないという基準をクリアしているiPhone Xの場合。

2週間も川底に沈んでいた後に無事に動作したというケースもありました。

iPhoneが水没で動作しなくなるということは、日常生活ではかなりレアなケースになったと言えるのではないでしょうか?

iPhone XS – Apple

▼RELATED
川底に2週間も沈んでいたiPhone Xが奇跡の復活!

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on