2019年1月中旬に東京・東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の日の出駅発見された「バンクシーのものと思われる絵」。「新しい作品ではなく、数年前からそこに存在していた」というが、発見後はそれが本物か確かめるべく東京都が回収した。

▼Related
東京で発見されたバンクシー似の作品、行方はいかに?

そして2月8日には小池都知事が「都としては、あの場所に戻して公開をするという考え方は今はない」と発言。そして続報が到着し、絵の真意に対する専門家の見解が発表された。

「110%本物」

テレ朝Newsによると絵は「110%本物」。判断したのは「ロンドン近郊のアートギャラリーで様々なバンクシー作品を所蔵する鑑定家、ジョン・ブランドラー」だ。過去の作品と照らし合わせると、間違いなく本物のようだ。さらに約2000万円から3000万円の価値があると付け足す。

記述した通り、その絵は東京都が保管するという。

テレ朝Newsで詳しく読む

RELATED
イスラエルで芸術活動を行う是非|レディオヘッド、村上春樹、バンクシー、ロード、ラナ・デル・レイの場合
バンクシー(Banksy)の正体判明!?制作中の姿が激写、マッシヴ・アタックの3Dなのか?
バンクシー(Banksy)がまた激写?パレスチナの次はイギリスで目撃?

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on