ARCHIVE: 青山晃大

青山晃大

青山晃大

ライター

1983年三重県生まれ、音楽ライター。〈サイン・マガジン〉〈CROSSBEAT〉他で執筆しています。最近はアメリカのヒップホップ・シーンに夢中。

bandabassotti_main
MUSIC

ベスト・アルバム発売記念対談!BRAHMAN・TOSHI-LOW×花房浩一が語る、“闘うバンド”BANDA BASSOTIとは?

[TALKING ABOUT FUJI ROCK]14年振りの<フジロック>出演を果たす、イタリアン・パンク・シーンの重鎮、バンダ・バソッティのベストアルバム『LA BRIGATA INTERNAZIONALE』が本日リリース。今回は、本アルバムの選曲と解説執筆を担当する音楽ジャーナリストの花房浩一さんと、2002年と2003年のイタリア・ツアーに帯同し、03年の日本ツアーでもサポートを務めたBRAHMAN・TOSHI-LOWさんの登場です。二人とバンダ・バソッティとの出会いから、本日リリースされるベストアルバムとフジロックでのライブへの期待まで。バンドと身近に接してきた二人だからこその視点から、BANDA BASSOTTIの魅力と本質が窺い知れる対談となりました。

3
INTERVIEW

ヨ・ラ・テンゴのアイラ・カプランが語る、最新作『There’s a Riot Going On』制作秘話と30年以上もバンド継続の秘訣

1984年の結成以来、長期の活動休止や解散の危機とは全くの無縁で、コンスタントに良質な作品を作り続けてきたヨ・ラ・テンゴ(Yo La Tengo)。今年は、最新作『There’s a Riot Going On』を引っ提げて、<朝霧JAM>への出演と東名阪ツアーも行った。即日ソールドアウトとなった坂本慎太郎とのスプリット・ライブ直前、アイラ・カプラン(Vo/G)にインタビューを敢行。出演した<朝霧JAM>の感想や坂本慎太郎とのツーマン・ライブについて、30年以上もバンドを続けられる秘訣を聞いた。

21
Midas Hutch
INTERVIEW

インタビュー |オランダ発DJ・プロデューサーMidas Hutchが語る、ディスコ・サウンドへの想い

世界有数のクラブ・ミュージック大国オランダが誇る名DJ・プロデューサーが、ついに日本デビュー! メジャー・レイザー(MAJOR LAZER)のヒット曲“Watch Out For This”に参加したことでも知られるDJ […]

55
INTERVIEW

【対談】代官山T-SITEにてフリーライブに登場!Azumi×高岩遼、二人の共通点“Jazz”を語る!

東京・代官山T-SITE内GARDEN GALLERYにてフリーライブ<FREE[ER] WEEKEND PREMIUM LIVE SHOWCASE>が開催。初日に共演する高岩遼とAzumiの二人のヴォーカリストにジャズ」をテーマに語ってもらったスペシャル対談。

54
PR

<ロッキン>に出演するCHAIの “熱い瞬間”をエンジョイする夏フェスの楽しみ方!

フェスと最高に熱い瞬間をサポートするアイテムが<FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)>、<ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキン)>、<SUMMER SONIC(サマソニ)>に因んだ、『3大レモンZIMAフェスカクテル』として各フェス会場に登場します。そこで今回、夏フェス出演アーティストによるインタビュー・シリーズが始動。第2回目は、今年の<ROCK IN JAPAN FESTIVAL>に初出場する、CHAIさんの登場です。

4
PR

最注目アーティスト、ラウヴ|次世代スターとして人の心を捉える理由

エド・シーランのオープニングアクトにも抜擢され、3月に来日を果たしたシンガーソングライター/プロデューサーのラウヴ(Lauv)。”Like Me Better”がSpotifyでの再生回数で5億回を超える大ヒットしているなか、彼の物語が1つのプレイリストとなって配信が開始された。世界中で人気を読んでいる彼の『I met you when I was 18.』から、ラウヴが旅した音楽の世界を辿り、彼が人の心を捉える理由を考えてみた。

49
PR

リオン・ブリッジズの新作『グッド・シング』から紐解く、ヴィンテージ・ソウルを鳴し伝えるアフリカン・アメリカン・カルチャー

2016年にグラミー賞ベストR&B部門にノミネートされ、<フジロック>で初来日も果たした新世代R&Bシンガー、リオン・ブリッジズ。新作『グッド・シング』から、ヴィンテージ・ソウルのイメージを身にまとい、多様な音楽を歌いこなす現代的なシンガーの人生観を紐解いた。

19
PR

The Voidzの革新的な大衆音楽の偉大なる系譜。ジュリアン・カサブランカスが未来へ繋げる音楽とは?

The Strokes(ザ・ストロークス)のジュリアン・カサブランカス(Julian Casablancas)が率いるThe Voidz(ザ・ヴォイズ)が4年振りに最新作『Virtue』をリリースした。彼らが鳴らす音楽は、世界中のどこを見渡しても似たモノの見つからない、極めてユニークな代物。今回はジュリアン・カサブランスの来歴から、バンドの音楽性について読み解いていく。

30
PR

GENERATIONS from EXILE TRIBEと世界音楽シーンの接点。5年間の軌跡と音楽的魅力!

EXILEファミリーの一員として2012年にデビューしたGENERATIONS from EXILE TRIBE。彼らの5年間の軌跡を辿る初のベストアルバム『BEST GENERATION』が2018年1月1日(月)に発売される。ベストアルバムに収録されたシングル曲を中心に、海外の音楽との接点を考察しつつ、彼らの歴史と音楽的な魅力について見ていく。

1119