みちくさボンバイエ

54
©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.
Qetic LINE@ 01 B

プロレス団体WWEの最前線でヒデオ・イタミさんにインタビュー。日本からアメリカに渡って変わったこと、怪我で試合に出られなかったときの心境などを伺いました。

みなさん、こんにちは! ここ何年かの間、何人かの日本人レスラーがアメリカへ行き世界最大のプロレス団体WWEの最前線で大活躍されてますね。中邑真輔さん、戸澤陽さん、アスカさん、そして今回インタビューさせて頂いたヒデオ・イタミさん!

ヒデオ・イタミさんは「KENTA」というリングネームで日本で活躍されていた時から、個人的にすごくファンでした。プロレスリング・ノア在籍時には丸藤正道選手の良きライバルとして数々の名勝負を繰り広げてましたね! WWEに移籍してからも何度か怪我に悩まされながらも、本当に名勝負を量産しています。僕が昔から好きな必殺技「Go 2 sleep」も最近使うようになってくれて、嬉しい限りです!

先日WWE日本公演で来日中のヒデオ・イタミさんにインタビューさせて頂きましたので、今回はその内容をお届けしたいと思います。それではいってみましょう!

Interview:ヒデオ・イタミ

——まず、WWE日本公演で来日された率直な感想を聞かせてください。

やっと「試合をしに」日本に帰ってこれて嬉しいです。ここまで時間がかかりましたが、この日を迎えることができてよかったと思います。

——一昨年はトーナメントで優勝されてレッスルマニア(※)に出場されてましたが、その時はどんな心境でしたか? (※レッスルマニア:年間を通じて最大のWWEのイベント。)

やはりWWEでやってるスーパースター達はみんなレッスルマニアを目指しているので、とても良い経験になったとは思います。ただ、あの時の僕のポジションは僕じゃなくても良かったと思うんです。しっかりと自分のポジションを確立して、ここは僕じゃないとダメと言われるような形でもう1度出てみたいですね。

ボンバイエインタビューVol.7/ヒデオ・イタミ michikusabombaye-57_1-700x394

——日本にいた時と比べて、何か自分の中で変わった部分はありますか?

アメリカに渡ってしばらくは、何か変えないといけないと自分の中で思いすぎていた気がします。そこから色々と思い悩んだ時期もあって、今では無理に自分を変えなくても良いのではないかというところに、やっとたどり着いた感じですね(笑)。自分らしく、自然体でいれるようになったと思います。自分が日本で築いた土台をもとにWWE側のアドバイスを参考にしながらも自分を見失わないようにしています。お客さんが求めているものを自分なりに考えてそれを優先したいので、必要ないと思ったコーチからのアドバイスはそのまま聞き流すこともできるようになりました(笑)。「KENTA」と「ヒデオ・イタミ」のバランスを自分の中でうまく調整しています。

WWEではただ激しい試合をするのではなく、これはどういう試合なのか、闘いながらストーリーまで表現しないといけません。スーパースターを目指して本当にいろんな国から多くの人が集まってきて、非常に競争が激しい中で世界に向けて発信し続けています。ですので、自分の場所は自分で見つけないといけないと思ってます。

——そんな中、WWEのマットで1番自分を出せた試合ってありますか?

僕は今のところ、良い意味で満足した試合はないですね。常に先を見るようにしているので、もっともっと上を目指そうと日常的に思うようにしています。ただ、最近になってやっと「俺、プロレスしてるな。」って感じられるようになってきました。でもまだ自分を全部出し切れてないと思うんです。このまま出し切れなかったらそこまでだろうし、そこは自分次第なので頑張っていきたいですね。

ボンバイエインタビューVol.7/ヒデオ・イタミ michikusabombaye-57_2-700x394

ダゼー・ファンクJr.

ダゼー・ファンクJr.

コラムニスト

3歳でメキシコにわたり、4歳で本場ルチャリブレのチャンピオンに輝いた気がする。覆面レスラーは神聖なので、決して人前ではマスクを脱がない。国会議事堂でもマスクを脱がなかったグレート・サスケや死後もマスクをしたままで葬儀が行われたエル・サントがこれに代表される。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数