クリス・ジェリコ

みちくさボンバイエ

233
Qetic Instagram 01 B

新日本プロレスの<WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム>まで残すところあと数日となりました。タイトルマッチだけで7試合という盛りだくさんの対戦カードの中、今回は世界的スーパースターのクリス・ジェリコ選手が来日するということで話題沸騰中。ケニー・オメガ選手と対戦するクリス・ジェリコ選手にインタビュー。

みなさん、こんにちは! 日本最大のプロレスの大会、新日本プロレスの<WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム>まで残すところあと数日となりました。タイトルマッチだけで7試合という盛りだくさんの対戦カードの中、今回はものすごい黒船が来日するということで話題沸騰中ですね。

その選手とは、世界的スーパースターのクリス・ジェリコ選手。そしてジェリコ選手とベルトを懸けて闘うのは、こちらも新日本プロレスが誇る世界的なレスラー、ケニー・オメガ選手。もう楽しみすぎて、プロレスファンとしては闘う前からドキドキが止まらない一戦になっています。

先日の福岡大会に突如現れケニー選手を襲撃・流血させ、翌日の記者会見でもケニー選手との乱闘で荒れに荒れていたジェリコ選手。

そんなジェリコ選手に、この度インタビューさせて頂くことができました! とても貴重なお話がたくさん聞けましたので、ぜひご紹介したいと思います。それではいってみましょう!!

Interview:クリス・ジェリコ

——久々に日本に来られて、まず何かされたことはありますか?

日本に来てすぐ福岡でケニーを襲撃して、そして翌日にケニーに襲撃されたね。今回は観光のために来た訳ではなくビジネスの為に来たので特にどこかに出かけたりはしてないけど、日本では毎回楽しい時間を過ごしているよ。だから今も楽しい。でも、何をしてても(微笑んで)おまえには関係ないだろ?

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_1-1-700x467

——日本にはけっこう頻繁に来られてますよね?

実はさっき数えたら今回が51回目だったよ。だから次の東京ドームで52回目になるね。

——日本で好きな食べ物はありますか?

日本の食べ物で好きなのは焼肉。実は日本のような焼肉ってアメリカにはあまりないんだ。だから、新しいビジネスとしてアメリカでクリス・ジェリコ焼肉レストランをやろうかなと思ってるよ。

——日本で好きな場所はどこですか?

やっぱり一番過ごしているのは東京だから、東京の街が好きかな。前回来たのはWWEの日本公演の時だけど、その時は友達と六本木で遊んでて、すごく楽しくて飲みすぎたよ。WWEの巡業は友達と何日間か海外で過ごすからパーティーみたいな側面もあるんだ。

だからビジネスとして来た今回は、WWEの巡業の時とは全く心境が違う。7月に来たクリス・ジェリコと今回来日したクリス・ジェリコは全く別人だと思うよ。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_2-700x467

——日本のプロレスはよくご覧になられますか? 最近日本では新日本プロレスを中心にすごくプロレスが盛り上がっていますが、それに関して思うことはありますでしょうか。

日本の試合は観ないけど、記事を読んだりして情報収集はしてる。日本の盛り上がりは素晴らしいことだと思うよ。新日本プロレスが「単なる日本のプロレス」ではなく、世界規模になってきているってことだよね。

例えば、僕はホラー映画が好きなんだけど、アメリカでは「Jホラー」というジャンルがあるんだ。だから、日本のホラー映画はアメリカでもよく観てる。あとはX JAPANみたいに日本のバンドだけど世界的に活躍してるバンドもいる。

だから新日本プロレスも日本のレスリングスタイルとして、日本だけのものではなく、世界に広がっていると思うよ。

——以前は日本の団体にも所属されて活躍されてましたが、アメリカに行っても連絡を取り合っている日本のレスラーはいますか?

邪道と外道かな。実はあの2人とは1993年にメキシコで会ったのが最初なんだ。その時は2人とも一銭も持ってなくて、ランチを奢ってあげたよ。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_3-700x467

——日本の団体に所属していた時とアメリカに渡ってから今までを比べると、日々の過ごし方やトレーニング面など、何か違うことはありますか?

まだ20歳だった1991年10月に初めて日本に来てFMWという団体に入って。その頃は若かったから道場でのトレーニングはしてなかったことかな。

——ケニー・オメガ選手に関してはどのような印象を持たれてますでしょうか。

偉大な、素晴らしいレスラーだと思う。数年前はまだケニー・オメガを知っている人はそんなにいなかっただろ?

でも今は新日本プロレスを代表するレスラーとして、みんなが彼を知っている。新日本プロレスは幸運だと思うよ。なぜなら、フィン・ベイラー(新日本プロレス所属時のリングネームはプリンス・デビット)から始まって、AJスタイルズがいて、今はケニー・オメガがいる。

こんなに素晴らしい3人の外国人トップレスラーが活躍したのだから、やっぱり新日本プロレスは幸運だよ。この3人がいたからこそ、新日本プロレスが世界中に広がっていったと思うんだ。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_4-700x467

——ケニー・オメガ選手の試合は何回かご覧になったことはありますか?

1度もないし、観る必要もない。自分の信頼できるところから彼の話を聞いているのでそれで充分。彼とほんの一瞬だけど福岡のリングで一緒に立っただろ? たぶん1分程度の短い時間だったけど、リズムとかタイミングみたいなフィーリングは感じたよ。だから、彼がどれだけ素晴らしいレスラーかってことは、充分に体感してるんだ。もちろん僕の方がより素晴らしいレスラーだけどね。

——日本最大のプロレスの大会でのタイトルマッチになりますが、何か試合に向けて考えていることはありますか?

<WRESTLE KINGDOM 12>は、日本最大のプロレス興行というのはもちろんだけど、世界中で見ても<レッスルマニア>(※)の次に大きなプロレス大会だと思う。だからこそ、やはりこの大会は特別なものだし、自分が出るに値するものだと思った。

そして、ドリームマッチとしてその大会のメインイベントになれるかもしれない。誰もこんなことになるって思ってなかったよな。そんな世の中を驚かせる展開も、自分が出場を決めた理由の1つでもあるんだ。

※レッスルマニア:アメリカのプロレス団体WWEが主催する世界最大のプロレスイベント。

——WWEでもすごく多くのタイトルを獲ってこられましたが、IWGP USヘビー級のベルトを獲った際の展望などはありますか?

もう、ケニー・オメガが持っているベルトというだけで既に価値は高いと思う。でも、僕にとってベルトはただのおまけで、ケニー・オメガと闘って勝つというのが本当の称号になるんだ。彼がもしベルトを持っていなかったとしても、今は彼と闘うよ。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_5-700x467

——ジェリコさんといえば、FOZZYというバンドでボーカルを務められて、今年リリースした『Judas』が大ヒットを記録していますが、直近の活動計画は何かありますか?

そう、実は『Judas』はFOZZY結成以来最大のヒットを記録したんだ。アメリカのロックラジオチャートで10週間もトップ10に入って、YouTubeのMVは1200万ビュー近い数を記録したし、アルバムは10万枚も売れた。音楽を買う人がいない今の時代にこれだけの数字を叩き出せたのは、本当にすごいことだと思う。

だから、まずはこれを続けていくことが大事だと思ってるよ。そして、ぜひ来日公演をしたい。不思議と、バンドとして日本に来たことが1度もないんだ。1月4日の東京ドーム大会では、より多くの人にクリス・ジェリコという人物を知ってもらって、FOZZYとしても日本に来たいと思っているよ。

——その大ヒットした『Judas』という曲ができた時のきっかけや構想はありますか?

おそらくヒットした要因でもあると思うんだけど、あの曲はコンセプトが非常におもしろくて、すごくいろんな人が共感できる歌詞になってるんだ。聖書の話をすると「Judas=ユダ」はキリストを裏切った人なんだけど、この曲の中ではみんなの心の中に潜んでいる「Judas」の話をしている。

たまに間違った決断をしてしまう、それに気づいた時に自分の決断を裏切るかどうか迷う、そういう自分の中の「Judas」の話を歌詞にしていて、みんなが自分自身に重ねやすい歌だと思う。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_6-700x467

——最近よく聴いているミュージシャンはいますか?

ビートルズが大好きだよ。あとはメタリカ、アイアン・メイデン、AC/DCが好きかな。新しいバンドだと、アヴェンジド・セヴンフォールドとか、ストーン・サワーが好き。あとKISS。

——影響を受けたアーティストだと誰になりますかね?

いつも言うのは、メタリカとジャーニーが結婚して子供が産まれて、AC/DCに乳母として育てられたのが「FOZZY」なんだ。

——日本でも好きなアーティストはいますでしょうか。

まずはX JAPANだね。あとLOUDNESS。LOUDNESSとはニューヨークで一緒にギグをやったよ。今でも僕の家に「LOUDNESS with FOZZY」のポスターが貼ってあるんだ。1991年日本に初めて来たとき、日本のバンドの音楽を探しにレコード屋に行ったんだけど、ちょうどその時にX JAPANの『SILENT JEALOUSY』が出た頃で、その曲のカセットテープを買ったんだ。

だから26年間もX JAPANのファンということになるね。1992年のFMW横浜大会では自分の入場曲を“SILENT JEALOUSY”にしていたし。2年前、イギリスのショー番組の司会をやったんだけど、隣の控室がX JAPANのYOSHIKIの控室だったから、仲良くなってメールアドレスを交換したんだ。彼は「僕のこと知ってるの?」って驚いてたけどね。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_7-700x467

——FOZZYというバンド名に込められた意味はありますか?

そんなに意味はないんだけど、初めはここまで本格的な活動は想定せずに、自分が楽しむためのバンドを作って「Fozzy Osbourne」という名前をつけた。「FOZZY」ってマペットみたいな意味なんだけど、有名になり始めてからは「FOZZY」というバンド名に変えたんだ。最初は「X」だったのが後に「」になったのと同じだね。

——FOZZYとしての目標を教えてください。

やっぱりまずは来日公演。これは自分に課せられた使命だと思っていて、その実現に向けてすごく情熱を注いでいる。自分が決めたことに全力を注ぐと、それは実現するんだ。きっと近々実現してみせるよ。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_8-700x467

——それでは最後に。プロレスラークリス・ジェリコとして、FOZZYとして、日本のファンにメッセージをお願いします。

みんな、やはり特別なものには自分も関わりたいと思っているはずだよ。イッテンヨンという大会はそれに値する素晴らしい大会だと思うから、まだプロレスを観たことない人もぜひ観に来てほしい。もうこんなに素晴らしい闘いは二度と見られないと思うし、新日本史上にもない、世界を巻き込んだ素晴らしい試合になるから。日本だけでなく、アメリカも世界も、みんな今度のジェリコ vs オメガを話題にしている。

もし、2018年に1度だけプロレスを観に行くとすれば、それは間違いなく1月4日の<WRESTLE KINGDOM 12>に来るべきだ。次の日に、みんなが「観た? 観た?」って<WRESTLE KINGDOM>の話をしているのに、その話に入れなくなってしまうことが無いようにしよう。見逃すとものすごく後悔をすることになると思うよ。

以上、クリス・ジェリコ選手へのインタビューでした。先日の襲撃や記者会見での乱闘もあり、僕が本当に尊敬するレスラーの1人でもあり、実際お会いするとオーラもすごくて、実は今までのインタビューで1番緊張しました(笑)。

ジェリコ選手に「君のマスクネームは何?」と聞かれて「ダゼー・ファンク Jr.!」と意気揚々と答えた時に笑ってくれたのも良い思い出になりました。実は、外国人レスラーは僕の名前を聞くとみんな笑うので、自己紹介がテッパンネタなんです(笑)。ドリー・ファンク Jr.パイセンのおかげで助かってます、はい!

いよいよイッテンヨンまでもう少し。日に日に緊張感も高まっていってますね! もうイッテンヨンまで待ちきれないくらい、僕もワクワクしています。ぜひ皆さんも東京ドームへ足を運んで頂き、歴史的瞬間を一緒に観て盛り上がりましょう!! 次回のみちくさボンバイエもお楽しみに、それでは。

ボンバイエインタビューVol.14/クリス・ジェリコ michikusabombaye-68_9-700x467

EVENT INFORMATION

WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム

2018.01.04(木)
OPEN 15:30/START 17:00
東京ドーム
対戦カードなど詳しい情報はこちら

plan02_recruit_20170927
ダゼー・ファンクJr.

ダゼー・ファンクJr.

コラムニスト

3歳でメキシコにわたり、4歳で本場ルチャリブレのチャンピオンに輝いた気がする。覆面レスラーは神聖なので、決して人前ではマスクを脱がない。国会議事堂でもマスクを脱がなかったグレート・サスケや死後もマスクをしたままで葬儀が行われたエル・サントがこれに代表される。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数