kim(UHNELLYS)

5
plan01_recruit_20181113a

第65回 知らないふりして

幼い頃、先生に名前を間違って呼ばれた回数なんて数え切れない。今でも友人達に本人なのか確認されたり、街中で知らない人に突然「昨日お前が言ってた通りだったよ」なんて声をかけられたりする。きっと兄貴も同じ経験をしているはずだ。なるべく気をつけていても、同じ日に違う店で同じ服を買って来たりする僕らは一卵性双生児。周りからすると似過ぎていて大変らしい。80歳になるお婆ちゃんには「もうどっちでもいいわ」と言われたくらいだ。

そこで兄貴と賭けをした。僕の彼女と兄貴がデートをして、別人だと気付くまでのタイムを当てるゲームだ。僕と彼女は2年前から付き合っているし、兄貴とも何度も会ったことのある彼女がすぐに気付かないはずが無い。僕は会ってから15分以内と予想し、兄貴は「SEXが終わるまで気付かないだろう」と冗談を言った。勝った方にはたったの1ドル。そんなふざけた賭けだった。

僕は待ち合わせの場所に内緒で付いていった。2人からは見えにくい場所で彼女を待つ。もしかしたら会った瞬間に気付いてくれるかもしれないと少し期待もしていた。彼女が来る。いつも通りの彼女だ。すると兄貴は突然僕の彼女を抱き寄せた。彼女は驚いた様子だったが、そんな兄貴を受け入れ優しくキスをした。まさかこんな事になるなんて。僕が大馬鹿だった。彼女のあの表情を見れば分かる。彼女は兄貴だとすぐに気付いたんだ。兄貴も彼女が気付いているとわかったんだ。2人は密着したままお互いを見つめ合い、無言のまま暗闇に消えていった。

他のショートストーリーも読む

kim(UHNELLYS)

kim(UHNELLYS)

コラムニスト

Published on

Last modified on