plan01_recruit_20181113a

「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超える、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』が2019年3月15日(金)全国公開となる。

映画についてこれまで予告編などで明らかになってきたことは、『キャプテン・マーベル』の物語がアベンジャーズ以前のことが他のMCU映画とは少し異なり1990年代を舞台に、“最後の切り札”となるキャプテン・マーベルの過去とニック・フューリーとの関係が語られるということだ。

『キャプテン・マーベル』本予告編

RELATED
【アベンジャーズ相関図】これを見れば予習は完璧! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』までの物語とは?
『アベンジャーズ/エンドゲーム』は終わらない!? 上映時間3時間越え

そしてもう1つ明らかになったことがある。予告編でニック・フューリーが猫と戯れる胸キュンシーンがあるように、本作のウェブサイトが尋常じゃない程カワイイということ。

スーパーヒーロー映画の概念を覆したとしても過言ではない衝撃作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』からその続編2019年4月公開『アベンジャーズ/エンドゲーム』までに絶対観ておきたい本作のウェブサイトは激カワの90s風になっているのだ。

『キャプテン・マーベル』、映画の時代に合わせた激カワの90s風ウェブサイトがオープン 190210film-captain-marvel-2-1200x2342
スクリーンショット:Captain Marvel

ノスタルジックなサイトデザインには、不器用なアニメーションや写真配置の大胆さ、HTMLフレーム、文字フォント、ゲストブック(書き込みはできないようになっている)、訪問者数カウンターなどなど。時々ポップアップしてくるおばさんはトレイラーにも登場したヴィランとなるスクラル星人で、クリックするとパンチまでできてしまう。

Twitterで指摘されているのは、回線容量が圧倒的に増えていること。サイトのソースコードを見るとサイトサイズは10Mbになっており、1995年で最速だった28.8kモデムの回線容量では10分以上かかっていたことや、ウェブを作るのに使われている言語のCSSや、ゲストブックで書かれている「Dancing Baby」(ありえないような踊りをする赤ちゃんのアニメーションのこと。当時流行ったようだ)が映画の舞台となる1995年の翌年に登場したことが挙げられている。

なお本サイトのデザイナーはFrontPageを使ってサイトを作り、AngelfireでホストしているとTwitterで発言している。どちらも1995年以降に開発されたものというが……。『キャプテン・マーベル』のタイムスリップという噂にもシンクロしていて、とも捉えられないだろうか……。

Dancing Baby

なんにせよ!! 映画が楽しみでしょうがない! もし90年代にマーベルの作品が大きく宣伝されていたなら本当にこういったサイトが存在していたかもしれない。あの懐かしの映画のウェブサイトも検索したら出てくることがあるだろう

Captain Marvel

キャプテン・マーベル

3月15日(金)全国公開

原題:Captain Marvel  
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック 
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ  
全米公開:2019年3月8日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2019

【STORY】記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。彼女の過去に隠された“秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。
自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。果たして彼女は
記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?禁断の記憶の謎を追う、サスペンスフル・アクションが幕を開ける!

詳細はこちら

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

2019年4月26日(金) 全国公開

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 MARVEL
詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on