plan01_recruit_20170927

PR Presented by meleap

世界が注目するARスポーツ『HADO』の世界大会<HADO WORLD CUP 2017>が12月に開催。Qeticでは今年の大会に向け、個性溢れる3チームに連続取材を敢行。第二回は9月の横浜・ソプラティコでの店舗大会に優勝して<HADO WORLD CUP 2017>への出場権を獲得した「エクスペンダブルズ」のインタビュー。

/AR技術を筆頭にした先端テクノロジーが広く世の中に浸透しつつある今日この頃。日本で生まれた大注目のARスポーツ『』はもうご存知だろうか?

』とは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)とアームセンサーを装着して手から放出する「エナジーポール」を使って、3対3で対戦する最先端のテクノスポーツ。1セット80秒間の中で、シールドなども駆使しながら、エナジーボールで相手のライフを破壊して多くポイントを獲得したチームが勝利となる。

今年に入ってからは選手がエナジーボールの速さ、大きさ、チャージ時間、シールドの有無を個別にカスタマイズすることで、より深い戦術戦も実現可能に。

(拡張現実)ならではの可能性とスポーツの競技性とを兼ね備えた、まさに“未来のスポーツ”として話題を呼んでいる。

HADO WORLD CUP 2017

その『HADO』にとって一年に一度の祭典<HADO WORLD CUP 2017>が、12月3日(日)に開催される。この大会は国内外の各大会を勝ち抜いた猛者たちが集結し、賞金総額300万円と世界の頂点を目指す『HADO』のワールドカップ。

第一回開催となった昨年はランニングクラブが優勝し、アイドル・シーンで人気を集めるバンドじゃないもん!が3位になったことも話題になった。果たして、今年はどんなドラマが待っているのだろう?

Qeticでは今年の大会に向け、個性溢れる3チームに連続取材を敢行!

第二回はYUYAさんの筋肉キャラを前面に出した紹介動画もユニークな『HADO』のアウトレイジ、

彼らは9月の横浜・ソプラティコでの店舗大会に優勝して<HADO WORLD CUP 2017>への出場権を獲得している。悪の名のもとに、世界制圧をもくろむ3人に話を聞いた。

Interview:(YUYA&UNO&しぶさん)

【HADO WORLD CUP 2017開催直前!】最恐軍団・エクスペンダブルズ、悪の力による世界制圧計画とは? DSC06027-700x467

――まずはみなさんの自己紹介をお願いします!

YUYA エクスペンダブルズは悪の名のもとに、世界制圧をもくろむ3人組です。たとえばプロレスでも、ヒール役がいないと盛り上がらないじゃないですか? そうやって『HADO』を盛り上げていこうと思って活動しているチームですね。

しぶさん このチームは、言ってみればYUYAくんのチームです。彼がメンバーを集めて、彼が仕切ってやってくれているので、僕らは彼についていってる感じです。まさに“頼れるリーダー”ですね。日程調整も全部やってくれているんですよ。

YUYA みんなにメッセージを送る暇があったら、プロテインを飲みたいんですけどね……。

しぶさん (笑)。そもそも去年の世界大会も、YUYAくんが「世界大会があるんだけど出ない?」と誘ってくれたのが最初でした。それも、会って3回目ぐらいの話だったんですよ。

YUYA その前に海とかも誘ったんですけど、全然来てくれなくて。

しぶさん いや、平日の昼間に「明日海に行くんだけど来ない?」って誘われても、「それは無理でしょ」っていう(笑)。でも、YUYAくんが誘ってくれて『HADO』をはじめることになったし、UNOちゃんにもYUYAくんが声をかけてくれたし。エクスペンダブルズは、(分派チームの)EXPENDABLES 2ndも含めて全員YUYAくんの知り合いなんですよ。

UNO YUYAさんは頼れるアニキというイメージです。「面白いことをみんなで共有したい」という気持ちがあるところが魅力なのかな、と思います。エクスペンダブルズはみんな仲がいいから、活動していてすごく楽しいですね。

YUYA 僕らは社会人の集まりで、もともと知らなかった人同士が『HADO』をきっかけに集まったチームなんですよ。そのときに重視したのは、人柄ですね。『HADO』はチーム戦だし、ある意味「部活動」のような感じで、練習してその後に飲みに行ったり、旅行に行ったりするのもすごく楽しいので。これから10年~20年経っても、ずっとバカがやれるチームになれたら嬉しいですね。

【HADO WORLD CUP 2017開催直前!】最恐軍団・エクスペンダブルズ、悪の力による世界制圧計画とは? DSC05909-700x467

——『HADO』の最恐軍団でありながら、実はいい人たちなのでは……という雰囲気が伝わってくるのですが(笑)、YUYAさんの選手としての魅力というと?

YUYA そう、それ言ってよ!

しぶさん (冷めた顔で)……ないかな。

UNO (同様に)……何かあります?

YUYA 色々あるでしょうよ!(笑)。「人一倍走ってる」とか言ってくださいよ!

しぶさん YUYAくんは前線にいて、攻撃を担当したり、動いて相手をかく乱する役割ですね。彼が囮になることで、僕らもやりやすくなります。基本的には攻撃メインのアタッカーで、点を取ってくれるタイプ。エクスペンダブルズはYUYAくんが何点取って、何点相手にヒットされるかが勝負のカギを握っているんですよ。チームのリーダーだし、実際に試合の中でも勝負のカギを握るプレイヤーですね。

——YUYAさんは筋トレキャラとしても知られていますが、鍛えあげた筋肉が前線でのフットワークにもいい影響を与えているんでしょうかね?

UNO 確かに。そういうところでは筋肉を生かせているのかなと思いますよ。

YUYA 一方で、最年少のUNOは僕らが「こうしよう」と言ったことを素直に実行してくれるので、戦術を組みやすいパートナーですね。

しぶさん 僕とYUYAくんは去年の<HADO WORLD CUP 2016>にも出ていて、今年の<HADO SPRING CUP>でボロ負けをして『HADO』に本腰を入れ始めたんですけど、UNOはそのときに後から入ってくれたメンバーなんですよ。まだ加入して半年しか経っていないけどアツくやってくれているメンバーで、僕らも助かっていますね。

基本的にはいじられキャラで、チームに笑いを振りまいてくれます。まぁ、僕らはもともとSLAM DivAやわちゃごな☆ピーポーのような正統派の他チームがいる中で、『HADO』のガヤ担当という感じですけどね(笑)。UNOくんは、基本的には、弾数の多いタイプのプレイヤーです。僕らは<HADO SUMMER CUP 2017>でシールドを2枚張る戦い方をして、解説の方に「エクスペンダブルズ、覚醒しましたね」と褒めてもらいましたけど、そのときからUNOはシールドと弾数で貢献してくれていて、相手のシールドも率先して壊しに行ってくれます。

YUYA オールラウンダー・タイプですよね。僕が前でひたすら走って攻撃するのに対して、UNOとしぶさんはシールドも攻撃も両方できるので、相手によって戦術を変えられるのが特徴だと思います。ステータスの振りも当てやすいものにしていますしね。

——しぶさんはどうですか?

YUYA さっきUNOくんが僕を「頼れるアニキ」と言ってくれましたけど、僕からするとしぶさんが「頼れるアニキ」という感じです。僕が突っ走ってしまうところを、しぶさんが戦術面で補ってくれたりするんです。試合中も、僕が前でワーッと動いている後ろで、しぶさんとUNOくんが淡々と相手を狙ってくれる。しぶさんはその中でも司令塔ですね。

UNO エクスペンダブルズの参謀という感じで……。

しぶさん 諸葛亮孔明のような役割を担いたいとは思っていますね。

YUYA あとは喋り担当(笑)。

しぶさん 大会が中継されるときも「声だけでも残してやろう」とどん欲に狙ってます(笑)。

【HADO WORLD CUP 2017開催直前!】最恐軍団・エクスペンダブルズ、悪の力による世界制圧計画とは? DSC05945-700x467

——ムードメーカーなんですね。

YUYA 一番のムードメーカーです。エクスペンダブルズはみんなにそういう雰囲気があって、みんなが場の雰囲気を作れるタイプの集まりだと思いますけどね。

UNO しぶさんは試合中も状況を見て色々と声をかけてくれるんで、そこはすごく助かってますね。ムードメーカーであり、フォーメーションの変更も伝えてくれる司令塔という感じです。

——「エクスペンダブルズ」というチーム名の由来は? シルベスタ・スタローンを筆頭に筋肉自慢の俳優が集まった同名のアクション映画とも関係があるんですか?

YUYA まさにその映画から取りました。まだUNOが入る前、去年の『HADO WORLD CUP 2016』に僕としぶさんと一緒に出場したもうひとりのメンバーがアメコミ好きだったんですよ。それに加えて僕もアクション映画が好きなので、この名前ならバッチリなんじゃないかと思って。それに「エクスペンダブルズ」には「傭兵」の他に「消耗品」という意味があるので、「俺らもそろそろ消耗品になってくる歳かな?」という30歳ぐらいのメンバーが集まった最恐の傭兵チームということでこの名前になりました。去年は、それもあって防弾ジャケットで衣装を揃えたんですけど、(『HADO』を運営するmeleapの)社長に「地味ですね」って言われて、中継でも1秒も映らなかったという苦い思い出が……(笑)。

エクスペンダブルズ(日本語吹替版)

しぶさん 今年は映ろうね(笑)。

plan02_recruit_20170927b
杉山仁

杉山仁

ライター

乙女座B型。07年より音楽ライターとして活動を始め、Hard To Explain~CROSSBEAT編集部を経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。2015年より、音楽サイト『CARELESS CRITIC』をはじめました。こちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数