plan01_AHH2017_0523

アーティストや著名人にテーマに沿ったプレイリストを作ってもらうことで、その人のパーソナルな思い出や、音楽的なルーツを紐解いていく恒例のプレイリスト企画。今回は通算8作目『ISLAY』を10月26日(水)にリリースする4人組バンド、おとぎ話の登場です。

アーティストや著名人にテーマに沿ったプレイリストを作ってもらうことで、その人のパーソナルな思い出や、音楽的なルーツを紐解いていく恒例のプレイリスト企画。今回は通算8作目『ISLAY』を10月26日(水)にリリースする4人組バンド、おとぎ話の登場です。

前作『CULTURE CLUB』に続いて〈felicity〉移籍後、第2弾となる『ISLAY』は、先行7インチ・リリースも好評だった“JEALOUS LOVE”や“セレナーデ”のほか、小松菜奈と菅田将暉が主演の映画『溺れるナイフ』に書き下ろした“めぐり逢えたら”のセルフカバーも収録。人懐っこいポップさとエッジ、不思議な深みが同時に押し寄せる、おとぎ話ならではの世界を広げています。今回はリリースを記念して、「秋の夜に聴きたい曲」を依頼。有馬和樹(Vo, G)と牛尾健太(G)の2人に、この季節ならではのフェイバリットを選んでもらいました!

Interview:おとぎ話

【インタビュー】おとぎ話 秋の夜に聴きたいプレイリスト interview161026_otogivanashi_1-700x467

有馬“「ずっと聴けるアルバム」という意味を込めてつけました。”

——最新作『ISLAY』がいよいよリリースされますね。制作前、メンバー間で話し合ったアルバムの方向性などはありましたか。

牛尾健太(以下、牛尾) 話し合ったりはしないですけど、きっかけはありました。1曲目の“JEALOUS LOVE”が出来たときに、「次はこういう曲を作りたい」ということをメンバーやレーベルのボスと話したんですよ。

——“JEALOUS LOVE”のどんな部分に魅力を感じたんですか?

有馬和樹(以下、有馬) 僕は最近のフェスでよくあるようなディスコっぽい曲が個人的に苦手で。だからこの曲は、全員で肩を組んでは踊れないディスコというか、リスナーが独り占めできるものを作ろうとした曲で。この曲が出来てからは、そのまま曲が揃った感じです。前作『CULTURE CLUB』を出すときに、30曲ぐらいデモがあったんですよ。そこから前作に入れたものもあれば、“セレナーデ”や”蒼い影”のように今回入れたものもあって、“めぐり逢えたら”や“JEALOUS LOVE”“夜明けのバラード”のような新曲が加わってアルバムになったと。

タイトルの『ISLAY』は、シングルモルトのスコッチウィスキーが造られている島の名前です(インナー・ヘブリディーズ諸島にあるアイラ島)。年月が経てば経つほど熟成するウィスキーのように、「ずっと聴けるアルバム」という意味を込めてつけました。

——今回はそのリリース・タイミングでの取材ということで、「秋の夜に聴きたい曲」というテーマで5曲ずつ選んでもらいました。そもそも2人にとって秋のイメージというと?

有馬 過ごしやすい(笑)。

牛尾 今回秋をテーマに選んでみると、アコースティックっぽいものが集まりました。俺は夏が好きなんで、それが終わった後の寂しい感じが出たのかもしれない。ひとりでたそがれたりね。

有馬 そういう季節だよね。まぁ、自分の場合、もともと切ない曲しか聴かないんですよ。ロックンロールとかも大好きですが、基本的によく分かんないんですよね。おとぎ話はガレージ系のバンドとも一緒にやることが多いけど、僕らだけちょっと異質というか。

——ああ、その雰囲気はよく分かるような気がします。では、選んだ曲にまつわる思い出や、選んだ理由、曲に感じる魅力をそれぞれ教えてください。有馬さんの1曲目は、プリンスの『Sign ‘O’ the Times』収録曲”Starfish And Coffee”ですね。

有馬 実はプリンスと誕生日と血液型が一緒なんですよ。それで中学の頃に聴いたら最初は声とか気味悪くて、「こいつと同じ誕生日はまじできついな」って(笑)。

でも、大学に入って“Starfish And Coffee”を聴いたら、この曲はゴスペルっぽくてよくて、そこからどっぷりはまりました。次のサザンの“Ya Ya(あの時代を忘れない)”は、子供の頃から聴いてた曲。横浜のはずれの出身なんで、みんなサザンが好きなんですよ。この曲は小4~5ぐらいのときに買ってもらった『バラッド ’77〜’82』に入っていて、コードがGなんで、「いい曲を作ろうと思ったらGを使う」という、自分のキーになった曲。歌詞では「better days」という大学のサークル時代のことを歌っていて、僕らも大学で結成したバンドなんで、そこを重ねられるのも秋っぽいですね。

PRINCE – “Starfish And Coffee”

サザンオールスターズ – “Ya Ya(あの時代を忘れない)”

——フィオナ・アップルはどうですか?

有馬 この曲はめっちゃ暗いけど、ライブ前にみんなが盛り上がっててうるさいとき、ひとりで聴いたりします。来日公演も行ったし、性別は違うけど自分と同じことを歌っている感じもして好きですね。俺は頭がよすぎて世の中に迎合できる人より、こういう人の方が好きなんですよ。次のテレヴィジョンはセカンド『Adventure』の曲。

この曲は理屈抜きに「秋っぽい」。そもそも、アルバムが秋っぽいですよね。高3のときにラジオで”“Friction”を聴いて「すげえ」と思って、大学に入ってからセカンドを買いました。次のヴェルヴェッツのサードも秋って感じですね。NYのバンドって、枯れてる感じが秋っぽいのかもしれない。ソニック・ユースの『Murray Street』も同じ理由で好きだし。

FIONA APPLE – “Starfish And Coffee”

Television – “Days”

Velvet Underground – “Candy Says (Album Version)”

続いて牛尾健太のプレイリスト公開!

続きをmysoundで読む!

RELEASE INFORMATION

ISLAY

2016.10.26(水)
おとぎ話
felicity
¥2,600(+tax)


詳細はこちら

EVENT INFORMATION

おとぎ話ニューアルバム「ISLAY」リリースパーティ <New Moon,New Moon〜ドラマとドラマ〜>

2016.11.15(火)
OPEN 18:15/START 19:00
渋谷WWW
ADV ¥3,300/DOOR ¥3,800

おとぎ話ワンマンGIG <夕暮れ時のおとぎ話>

2016.11.03(土)
OPEN 17:30/START 18:00
京都ネガポジ
ADV ¥3,300/DOOR ¥3,800

詳細はこちら

オフィシャルサイト

photo by Kohichi Ogasahara

杉山仁

杉山仁

ライター

乙女座B型。07年より音楽ライターとして活動を始め、Hard To Explain~CROSSBEAT編集部を経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。2015年より、音楽サイト『CARELESS CRITIC』をはじめました。こちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数