Mayer HawthorneとJake OneによるユニットTUXEDOのによるリミックスのリリースも新しいBenny Sings(ベニー・シングス)の来日公演が11月にWWW Xで開催決定した。

過去にはceroとの共演や、TVアニメ『キャロル&チューズデイ』への楽曲提供、Corneliusとのコラボレーションなど、日本のアーティスト・カルチャーとの親交も深いBenny。後日発表となるゲストアクトにも乞うご期待!

Benny Sings – Not Enough(Tux Reflux)

BENNY SINGS

ファースト・アルバム『Champagne People』を2003年にリリース。評論家の間でかなり話題となり(因みに彼は当時ヒップホップのビーツを作っていて、歌うことを始めたばかりだった)、好状況から様々なフェスティヴァルからオファーが殺到。そしてオランダのエッセント・アワードの新人賞を翌年受賞。

その後、ピュア・ポップを作りたかったという彼は、バート・バカラックらの音楽を研究し、2005年にセカンド・アルバム『I Love You Benny Sings Live at the Bimhuis』を発表。本アルバムはジャザノヴァが運営するレーベル、ソナー・コレクティヴより全世界発売され、国境を越えて様々なフェスティヴァルにて演奏することとなる。同時期にジャイルス・ピーターソンは、彼のラジオ番組にベニーを招いている。

その後2006年にはレッドノーズ・ディストリクトというコラボ・ユニットで『Euh』を発表。ジャイルス・ピーターソンは同名義の楽曲「Miss Moral」をBrownswood(ジャイルスのレーベル)のコンピレーションに収録している。そして自身のスタジオを構え、ウーター・ヘメルやジョヴァンカなどのアーティストのプロデュースを手掛けるかたわら、ソロ名義としては3作目のアルバム『Benny…at Home』を完成させる。2011年には現時点での最新作『ART』を発表、また2012年には初となるベスト・アルバムをリリースする。2015年には現時点での最新作『Studio』をリリースした。

日本人アーティストからのラヴ・コールも多く、スキマスイッチ、cero、安藤裕子、土岐麻子、Small Circle Of Friends等多くのアーティストとコラボレイションを行っている。2018年、約3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『City Melody』をリリース、2019年USの名門レーベルStones Throwと契約し全米デビューを果たした。

Benny Sings – Everything I Know

Benny Singsの来日公演が11月にWWW Xで開催|ゲストアクトは後日発表に music190814-bennysings.jpg

EVENT INFORMATION

Benny Sings in TOKYO 2019

2019.11.13(水)
OPEN 18:30 / START 19:30
Shibuya WWW X
ADV ¥5,000(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)

Benny Sings / Guest Act:TBA

チケット
一般発売:8月17日(土)10:00〜
e+ / ローソンチケット[L:73012] / チケットぴあ[P:161-086] / iFlyer(English Available)
問い合せ:WWW X 03-5458-7688
主催・企画制作:WWW X
協力:Stones Throw Records / Victor Entertainmen

詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on