celine_plan01_20180916

PR Presented by Manhattan Records®

Interview:HIBRID ENTERTAINMENT
(Jin Dogg、、WARKAR、3ch)

Jin DoggYoung YujiroDJ BULLSETを中心に、これまでMIXTAPEやMVで作品を発表してきたレペゼン大阪のHIBRID ENTERTAINMENT。現行のHIPHOPシーンで主流となったトラップ・ミュージックを、生まれ育ったフッドの感性と言葉で再構築したその音楽は、ここ数年で瞬く間にリスナーの耳をかっさらい、彼らは日本中にピリピリとした刺激を与える存在となった。

そしてついに、HIBRID ENTERTAINMENT初のオフィシャルアルバム『HIBRID OR DIE VOL.1』が9月12日(水)にリリース。客演には韻踏合組合からERONEHIDADDY、遊戯、そしてMonyHorse()、WILYWNKA(変態紳士クラブ)、Young Coco、Cz TIGER、JAGGLA、Fresh Dude Crew(23vrsz & Kenayeboi)といった地元の新旧アーティストに加え、東京からはSEEDAらも参加。それも2枚組・全32曲という圧倒的なボリューム感だ。

関西のHIPHOPシーン及び、日本のトラップ・ミュージックの新たな扉をこじ開けようとしているHIBRID ENTERTAINMENTが、このアルバムで提示するものとは? そして彼らが見据えるHIPHOPの未来とは? Jin Dogg、、WARKAR、3chの4人に話を聞いた。

自分らの“名刺代わり”として、ちゃんとしたアルバムが必要なんじゃないか(Young Yujiro)

——HIBRID ENTERTAINMENTとしてインタビューを受けるのは、今回アルバムがリリースされるまでは無かったですか? Jin Doggさんはソロで何度か受けていると思いますが。

Jin Dogg そうですね、僕は何回か受けてます。

——貴重な機会なので、アルバムの話はもちろん、HIBRID ENTERTAINMENTの成り立ちや、みなさんの関係性などについてもお伺いできればと思います。まず、『HIBRID OR DIE VOL.1』はCD2枚組で全32曲、このボリューム感はすごいですね。これは制作が始まる段階でイメージしていたのか、作っていく中でこのボリュームになったのか、どちらですか?

Young Yujiro
 元々、Jin DoggはHIBRID ENTERTAINMENT(以下、HIBRID)がまだ無いころから僕のスタジオに来てレコーディングをしていて。その時からジャケットやビデオをやってくれてるのがWARKARで、ミックステープのDJがBULLSET。最初はその4人の体制で始まって、月に何曲かできるようになった中から、“アホばっか”などをシングルでリリースしてきました。そこから3chも合流して、彼もスタジオを持っていたので、そこにYoung CocoやFresh Dude Crew、MonyHorseらが集まっていった。そうやって2つの場所からどんどん曲ができていったんです。あとはHIBRIDでライブブッキングが増えてきたので、自分らの“名刺代わり”として、ちゃんとしたアルバムが必要なんじゃないかと思って。アルバムのイメージはラフ・ライダーズ。スウィズ・ビーツ主導でコンピレーションが何枚か出てるんですけど、そんなイメージです。

インタビュー | 大阪から世界へ——HIBRID ENTERTAINMENTのアルバム『HIBRID OR DIE VOL.1』は見据える未来への序章でしかない 0910_hibridentertainment-al_pickup_01-1200x801
Jin Dogg
インタビュー | 大阪から世界へ——HIBRID ENTERTAINMENTのアルバム『HIBRID OR DIE VOL.1』は見据える未来への序章でしかない 0910_hibridentertainment-al_pickup_02-1200x801
Young Yujiro

——それ思ったんですよね。あとけっこう昔だと、ウータン・クランのセカンドアルバム(『Wu-Tang Forever』)とかも思い出して、懐かしさとともにこんなボリュームのアルバムは久しぶりだなと。

Young Yujiro そういう意味でもびっくりさせたかった。ただ、良い曲が多かったので。

——ちなみにみなさんが知り合ったのは何歳くらいの時ですか?

Jin Dogg 僕が24とか。4年前ですね。

WARKAR ここ2人(WARKARと3ch)が一番長いかもしれないですね。

3ch 僕はJin DoggをYoung Yujiroから紹介してもらいました。

Young Yujiro 僕は3chを5、6年前から知ってはいたんですけど、いっしょに音楽をする関係ではなくて。でも僕らが作った音源にめっちゃ反応してくれて、リミックスをいっぱい作ってくれた。その流れで加入してもらったんですけど、おかげでペースがめっちゃ上がりました。

インタビュー | 大阪から世界へ——HIBRID ENTERTAINMENTのアルバム『HIBRID OR DIE VOL.1』は見据える未来への序章でしかない 0910_hibridentertainment-al_pickup_03-1200x801
3ch
インタビュー | 大阪から世界へ——HIBRID ENTERTAINMENTのアルバム『HIBRID OR DIE VOL.1』は見据える未来への序章でしかない 0910_hibridentertainment-al_pickup_04-1200x801
WARKAR

——クルー的な動きから始まって、今に繋がったと。

Jin Dogg でも最初からレーベルにしたいっていう考えはありましたけどね。

——これまではMIXTAPEやMVを積極的に発表してきましたが、アルバムはいつごろから考えていましたか?

Young Yujiro
 もともとはJin Doggのファースト、セカンド、サードとMIXを出して、正規のアルバムを出す。僕もYoung Yujiroとして、同じ感じで出していこうと思ってました。最初はこのアルバムができるとは思ってなかったですね。ただ、やっていく中で発表できてない曲も増えてきて、それもリリースしたいっていう気持ちから自然とアルバムに向かっていった。

——そのまま世に出なかったらもったいないですもんね。

Jin Dogg こんなにあったんだって思った。

3ch 出さないと損というか。ひとつのアルバムでこれだけ聞ければね。

Young Yujiro 最近こういうアルバムはないでしょ。

ラスカル

ラスカル

NaNo.works/編集者/メッセンジャー

Published on

celine_plan02_20180916