2019年10月5日(土)、東京のパーティークルー<KEWL>がオープンエアーパーティーを開催する。会場は新木場・夢の島マリーナレストランMarina&Grill。これまで表参道VENTにて<KEWL>を開催してきたクルーにとって、野外でのパーティー開催は、初の試みとなる。

<KEWL -Open Air->は、誰しもが気軽に極上の環境で上質な音楽を味わうことができる、オルタナティブな野外パーティー。2018年9月末にSoichi Terada & Shinichiro Yokotaの20年ぶりのライヴで初回の<Open Air>を企画し大きな話題になるも、台風により急遽会場をWall&Wallに変更。しかし台風にも関わらず多くのオーディエンスがつめかけ満員御礼となった。実質上、今回が初の野外開催となる。

会場を、都心からアクセスの良い「MARINA & GRILL」に選んだ理由には、KEWLクルーのこうした想いがある。かつて、自分たちが<Rainbow Disco Club>や<Body & SOUL>でダンスミュージックの洗礼を受けたように、多くの人にとって質の高い音楽との出会いの場を創出する。

▼RELATED
【特集】VakulaやHunee、Tom Tragoを招聘するパーティー「Kewl」をご存知だろうか?
【対談 Soichi Terada × Shinichiro Yokota】ハウスシーンの世界的な大事件!2人による19年ぶりのコラボライブ
Akari Uragami インタビュー|UKのベースミュージックからカリフォルニアへ 自分と国境の揺らぐ存在を縛る。

〈Rhythm Section〉主宰のBradley Zeroが登場

これまでにHunee、Tom Trago、Legoweltといった人気DJをブッキングしてきた<KEWL>が、本パーティーのメインアクトとして招聘したのは、ロンドンを代表するアーティストBradley Zero。日本での野外パーティー出演は、今回が初となる。

Bradley Zeroは、Boiler RoomやBBC Radio 1などのブロードキャスターを努めながら、DJとして世界各国でのツアーも成功させ、表舞台と裏方双方からシーンを盛り上げてきた存在だ。純粋な音楽愛、そしてそれを共有したいという欲求を持つ彼の紡ぐグルーヴは、来場者の感性を心地よく刺激するだろう。

BRADLEY ZERO in The Lab LDN

脇を固めるのは、KEWLのレジデントでもあるKnock、EITA、Frankie $。オープニングアクトは、Philippe Ochsnerが務める。

会場の装飾を行うのは、フラワーコラボレーターのDAISUKE SHIMURA。生花や植物をふんだんに使ったデコレーションで、都会の喧騒を忘れさせる“非日常空間”を創出する。アートワークは、サンフランシスコ在住のアーティストAkari Uragamiが担当。サウンドシステムには、国産のTaguchiを導入する。またチケットは前売り限定250枚となり、売り切れた場合は当日券の販売はしない予定。 50枚限定の早割チケットは8月13日(水)よりResident Advisor限定にて発売予定。一般発売はRAとLivepocketにて8月21日(水)より発売する。

KEWLとは、何かが自分の感性の琴線に触れたときに出る感情を表す造語。ジャンルレスな音楽をキュレーションし、シーンを盛り上げてきた彼らのこだわりが詰まった<KEWL- Open Air ->は、五感を刺激するプレミアムな空間となるだろう。

EVENT INFORMATION

KEWL -Open Air-

オルタナティブな野外パーティー<KEWL>が10月に開催|ロンドンから〈Rhythm Section〉主宰のBradley Zeroが登場 music190812-kewl

2019.10.05(土)
OPEN 14:00 / CLOSE 21:00
EARLY BIRD ¥2,500 *Limited to 50 tickets
ADV ¥3,000 *Limited to 200 tickets

MARINA & GRILL(〒​136-0081 東京都江東区夢の島3-2-1 2F)

LINE-UP
Bradley Zero(Rhythm Section|BBC Radio 1)
Knock
EITA
Frankie $
Philippe Ochsner

Flower Collaborator:
Daisuke Shimura

TICKETS
Resident Advisor:https://www.residentadvisor.net/events/1300664
LivePocket:https://t.livepocket.jp/e/kewlopenair

詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on