plan01_recruit_20181113b

Appleが次に改善するのは人々の睡眠かもしれません。

昨年Appleは睡眠トラッキング技術を有する企業Bedditを買収。

睡眠トラッキングデバイスを用いることでユーザーの睡眠の状態を様々な指標で分析できるツールを開発していたBeddit。

特許「ベットの中での生理学的計測のための多要素圧電センサー」

今回、Appleが申請した睡眠トラッキングに関する特許「ベットの中での生理学的計測のための多要素圧電センサー」が11月22日に公開

睡眠サイクルを通してユーザーの動きを計測するというもので、ベッドに圧電フィルムを広げてベッドとの接点を分析するという仕組みのようです。

特許の申請書類では2種類の方法が提示されており、1つはBedditの技術を応用したもので帯状のセンサーをベットに敷きユーザーの胸部の位置を計測するというもの。

2つ目がベッド全体に複数のセンサーを格子状に配置するというもので、より詳細なデータを収集できるものとなっています。

Appleが人々の「睡眠」改善に乗り出す?睡眠トラッキングに関する特許を申請 technology181126_apple-patent_01-1200x742

この他にも「睡眠」に関する特許をこれまでに取得しているApple。

特にApple Watchでは人々の健康を増進するような機能を積極的に採用していますが、「睡眠」の改善ももAppleが今後重点的に取り組んでいく課題となりそうです。

▼RELATED
Apple Watchに紫外線センサーが搭載されるかも?

Appleが「声」認証に関する特許を取得!Touch ID、Face IDに続く生体認証は「Voice ID」?

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on