Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

年々より高額になっているAppleiPhoneの販売価格。

もし破損させてしまった場合は高額な修理費用がかかってしまうことも。

そんなリスクを少しでも下げるためにiPhoneユーザーの多くは、端末保護やオリジナルなデザインを求めてiPhoneケースを使用しています。

一部のiPhoneケースで生じる問題として、ケースをつけることによりiPhoneの電源ボタン、ボリュームボタンなどが押しにくくなってしますということです。

今回Appleがそんな問題を解消する特許を申請していたことが判明しました。

ケースをつけていない時と同じような感覚で

Appleはアメリカ合衆国特許商標庁(USPTO)が公開した特許申請書類で電子デバイスにケースをつけることが一般的になってきていることを指摘。

ケースの装着でデバイスの保護、見た目の改善、追加機能などの効果が得られるとしながらも、一方でユーザーの体験や感覚を変化させてしまうこともあることを説明。

特許はケースの上からボタンを押しても、まるでケースをつけていない状態でボタンを押した感覚を得られる技術のようです。

iPhoneケースをつけていても、ボタンのクリック感が失われない技術が開発! technology181127_apple-patent_01-1200x742

iPhoneアクセサリ – Apple

▼RELATED
Appleが人々の「睡眠」改善に乗り出す?睡眠トラッキングに関する特許を申請

Appleが「声」認証に関する特許を取得!Touch ID、Face IDに続く生体認証は「Voice ID」?

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on